チューリッヒ保険会社は、2018年1月1日より、サイバーセキュリティー保険の販売を開始しました。

近年、外部からの不正アクセスなどのサイバー攻撃により発生するするシステム障害が、企業経営に大きな影響を及ぼしたというニュースが聞かれるようになりました。そこで同社は、例えば外部からサーバに不正アクセスによって工場の生産ラインがストップした、破損したデジタル資産(データ・サーバなど)の修復作業に費用が発生した、また企業情報の漏えいで被害を受けた企業から損害賠償請求を受けたというような事例に対応できるよう、製造業を中心とした企業の、サイバー攻撃におけるリスクを、海外子会社も含めて一括管理できる保険を販売することとなりました。

同社プレスリリースによれば、サイバーセキュリティ保険の特徴は以下の通りです。
・企業収益の損失を補償
 コンピューターシステムへの不正なアクセス、不正な利用、悪質なコード(マルウェア)の挿入、DoS攻撃などによるサービス障害を原因として、加入者が被る企業収益の減少を補償します。
・損害賠償から各種対策費用まで、幅広いリスクをカバー
 情報セキュリティー関連の事故、および情報漏えい事故により加入者が負担する損害賠償金のほか、争訟費用、デジタル資産の交換費用、サイバー攻撃への対応費用などの各種費用を幅広く補償します。
・海外子会社も本社で一括管理
 各国の保険諸規制と税制に対応したチューリッヒの国際保険プログラム、「インターナショナル・プログラム」を活用することで、海外子会社を含む加入者のすべての子会社を、日本の本社で一括して管理することが可能です。