ソニー損害保険株式会社は2018年10月15日から、インターネット専用の火災保険「新ネット火災保険」の販売を開始したと発表しました。

新ネット火災保険は、住宅や家財を対象とする個人向けの火災保険で、台風や豪雨、地震などの自然災害による損害から日常生活での賠償事故まで幅広く補償します。インターネット専用とすることで低廉な保険料設定となっていますが、顧客のニーズに合わせて補償を選択できるため、さらに保険料を節約することも可能です。

地震による損害の補償は、制度上、保険金額を火災保険金額の50%までしか設定できませんが、「新ネット火災保険」では「地震上乗せ特約」をセットすることで地震による損害の補償を最大100%(火災保険と同額)まで拡大することができます。また、インターネットで24時間いつでも見積り・申込みができ、1回のインターネット手続きで契約締結まで完了できるようになったということです。なお、保険始期日は、2018年11月11日以降です。

文: 蟹山淳子