ソニー損害保険株式会社(東京都大田区、代表取締役社長:丹羽 淳雄、以下「ソニー損保」)とヤフー株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:宮坂 学、以下「Yahoo! JAPAN」)は、Yahoo! JAPANが提供する1,000万ダウンロード突破のスマートフォン向け無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」から得られる運転特性データを活用した自動車保険や付帯サービスの開発に着手すると発表しました。個人向けのテレマティクス保険商品開発に向け、共同研究を開始します。

ソニー損保は、一部の保険契約者を対象に研究への協力を依頼し、2017年春から約1年間の予定でモニターテストを実施し、研究を行います。モニターテスト協力者が使用する「Yahoo!カーナビ」で計測された、走行速度、急加速、急減速などの運転特性データを、テレマティクス保険開発のための研究に活用する予定です。