ゼネラリ保険会社は、2018年1月以降、新規契約の引受を終了、既存契約の更改を終了すること、ならびに、新たな保険契約の引受会社として三井住友海上火災保険株式会社を案内することを予定しています。この度、今後の契約の取扱方針および日本支店閉鎖までのスケジュールを発表しました。

同社プレスリリースによれば、スケジュール概要は以下の通りです。
2018年1月1日始期日契約より: 新規契約の引受けを修了
2018年3月31日: 大阪支店および東海支店における業務を終了
2018年4月1日始期日契約より: 公開契約の引受を終了
2018日4月1日~2019年3月31日に満期を迎える契約: 三井住友海上が取り扱う商品への切替えをご案内 
2018年4月1日: 2019年4月1日以降満期の契約について、三井住友海上への包括移転
2018年4月1日: 日本支店のすべての契約を終了

計画の進捗や関係当局の認可取得状況は同社Webサイト (http://www.generali.co.jp/) で公表していくということです。