セブン銀行子会社の株式会社セブン・ペイメントサービスは、AIG損害保険株式会社と現金受取サービスの契約を締結したと発表しました。

この契約を締結したことで、AIG損保と個人火災保険の契約をしている顧客は、災害による損害の補償を受けるとき、保険金の一部(10万円まで)を、所定の手続から最短1時間で最寄りのセブン-イレブンや交通機関などにある全国のセブン銀行ATMで、24時間365日現金を受け取れるようになります。

これまで、保険金の受け取りには銀行口座が必要でしたが、火災や自然災害などの際にキャッシュカードや通帳などが手元にない場合でも受け取れるようになるので、当面の生活資金、生活再建のために必要な資金を確保できるようになります。

文: 蟹山淳子