株式会社スカイディスク、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、SOMPOリスケアマネジメント株式会社の3社は、スマートファクトリー社会の到来に向けたプラント・機械における新たなリスクの調査・研究および保険商品・サービスの開発を目的とした共同研究を2017年12月から開始したと発表しました。

スカイディスクは、IoTデバイスで収集したデータをAIで分析し、機械の故障予知などを行うクラウドAIサービス「SkyAI」を提供しています。今後訪れる超スマート社会では、IoTによってデータがつながります。それを有効活用することで、企業における技術革新やビジネスモデルの変革が予想されますが、その一方で新たなリスクの調査・研究が必要不可欠となります。共同研究では、これまで熟練工が担っていた異常故障検知へAIを活用することや、新たなリスクの調査・研究に対応するための保険商品・サービスを開発し、企業の事業活動におけるリスクを減少させることを目指します。

プレスリリースによれば、主な研究および取組内容は以下の通りです。
(1)プラント内のボイラ・回転機械における異常故障検知手法の研究
(2)プラント内の設備・什器へのIoT導入により発現するリスクの研究
(3)上記(1)(2)に関連する保険商品・サービスの開発