ジブラルタ生命保険株式会社は、2017年7月27日、未来を担う子どもたちを応援する社会貢献活動の一環として、公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本の提供する体験型実技演習プログラム「Job Shadow」(ジョブシャドウ)に協賛し、同プログラムを本社オフィスにて実施したと発表しました。

同社によれば、「『Job Shadow』は、高校生が社員とペアになり『影(シャドウ)』として行動を共にする体験型実技演習プログラム」ということです。仕事をしている人をそばで見て、仕事の厳しさや考え方、責任感を体験し、高校生の進路・職業の選択に役立てることを目的としています。

今回は、福島県の女子高校生20名が女性管理職とペアを組み、ミーティングや通常業務などに約2時間同行しました。その後、代表の女性管理職と女子高校生との意見交換会が実施され、高校生から多くの質問が投げかけられるなど、活発な意見交換が行われたということです。