キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)と損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、キヤノンMJの中小オフィス向けIT支援サービス「HOME(ホーム)」のサービスとして、損保ジャパン日本興亜の「サイバー保険」を自動付帯したネットワークセキュリティサービス「HOME type-U2サイバー保険付5年パック」を、2017年7月3日より提供開始することを発表しました。

昨今は高度化、巧妙化したサイバー攻撃が急増しており、中小企業にとっても、マイナンバー制度や個人情報保護法改正などに対応したセキュリティ対策やリスク管理の実施が必要となっています。そこで、キヤノンMJの中小オフィス向けIT支援サービス「HOME」と、損保ジャパン日本興亜のサイバー保険をオールインワンで提供することで、中小オフィスのセキュリティ対策強化を支援することとなりました。

「HOME type-U2サイバー保険付5年パック」は、キヤノンMJのHOME-UNITでサイバー攻撃を防御します。それでも万一、サイバー攻撃で業務妨害や情報漏えいの被害を受けた場合には、サイバー保険で損害賠償金やデータ復旧費用などを受け取ることができます。また、サイバー保険の付帯サービスである「緊急時サポート総合サービス」を利用できるので、素早い問題解決を図ることができ、被害を最小限に抑えることができるということです。