オリックス生命保険株式会社は、2018年5月末時点において個人保険の保有契約件数が400万件を突破したと発表しました。

同社は、「シンプルで分かりやすいこと」と「合理的な保障を手頃な価格で提供すること」をコンセプトとして、顧客のニーズを取り込みながら商品ラインアップの充実を図ってきました。その結果、保有契約件数は12期連続で2桁の増加率となり、400万件に到達しました。特に、この2年間で保有契約件数が100万件増加するなど、成長のペースが加速し、新契約件数も5期連続で50万件を超えています。主力商品である「医療保険 新キュア」「医療保険 新キュア・レディ」だけでなく、引受基準緩和型商品「医療保険 新キュア・サポート」も、特に高齢の加入者を中心に契約件数が伸びているということです。

文: 蟹山淳子