オリックス生命保険株式会社は、働き方改革の一環として2017年4月に導入した「朝型勤務奨励金の支給」を10月以降も継続すると発表しました。

「朝型勤務奨励金の支給」は、8時までに出社した社員が18時までに退社をした場合、1,000円/日の奨励金(月 15,000円上限)を支給するもので、朝型勤務を推奨して業効率や生産性を高め、所定外労働時間を削減するために2017年4月に導入されました。2017年9月まで6か月間の期間限定となっていましたが、一定の効果が認められたことから、2018年3月31日まで延長することとなりました。

「朝型勤務奨励金の支給」の利用者は、導入以降毎月増加し、月平均利用率は33%となりました。社員アンケートでも前向きにとらえている回答が多く、弊害を感じているという回答は少ないという結果です。平均所定外労働時間は2017年4月以降減少傾向にあり、前年からの減少率(4月~8月)は20%で、特に8月の減少率は24%となり、目標であった「平均所定外労働時間の20%削減」を達成する見込みということです。