アフラックと株式会社日立製作所は、がんの早期発見・早期治療社会の構築に向けた協創を開始すると発表しました。

日本最大のがん保険契約件数を有するアフラックの、がんに関する豊富なデータや知見と、日立が研究する尿中代謝物によるがん患者の識別技術、日立独自のサービスデザイン手法である「NEXPERIENCE」、アナリティクス技術などの先端ITを組み合わせて、がんの早期発見や早期治療を図り、より健康で豊かな社会の構築に貢献したいということです。

具体的な取組内容は、以下の通りです。
1.日立は、尿中代謝物によるがんの識別技術の向上に向け、医療機関と共同でまずは乳がんを対象とした研究開発を進め、協創によって識別結果の可視化方法や今後研究するがんの種類の選定などを検討します。
2.日立独自の「NEXPERIENCE」によって、尿中代謝物によるがんの識別技術の最適な活用方法を検討します。
3.がんの早期発見から治療費の保障、治療後のアフターケアまでのトータルサポートを実現する新しい保険商品・サービスの創出に向け、検討を進めていきます。