アフラックは、保障内容を大幅に強化した新しいがん保険<生きるためのがん保険Days1>を、2018年4月2日に発売すると発表しました。

同社は、1974年に日本で初めてがん保険を発売してから40年以上にわたり、時代に合わせてがん保険を進化させてきました。今回は、「将来の医療環境の変化を見据え、より多くの加入者の不安を取り除く、加入者が自分らしく生きるためのがん保険」というコンセプトで新商品を開発したということです。

<生きるためのがん保険Days1>の主な特徴は以下の通りです。
1. 4つの新しい特約
  ・ 経済的負担の大きいケースには診断給付金を多く受け取れる「特定診断給付金特約」
  ・ がん罹患による収入減少に備える「特定保険料払込免除特約」
  ・ 緩和療養(痛みを緩和するための治療など)に備える「特定療養特約」
  ・ 脱毛など、がん治療の副作用や手術での外見変化をケアするための「外見ケア特約」
2. 「通院給付金」、「手術治療給付金」の受取事由を拡大するほか、「手術治療給付金」の対象に骨髄移植を追加します。
3. 「肝臓・腎臓・肺」の慢性疾患があっても、所定の条件を満たせば、特別保険料率の適用で加入できます。
4. がん治療中の加入者に役立つ生活情報を集約したガイドブックを提供します。

また、<生きるためのがん保険Days1プラス>は、既に同社のがん保険に加入している人のための商品です。自分のがん保険に加えて加入することで、最新の保障にアップグレードすることができます。