アフラックは、コールセンターへ契約者から電話がかかってきた際の新たな本人確認手段として「声紋認証」システムを、2017年9月より導入予定であることを発表しました。

アフラックのコールセンターには、年間150万件を超える契約者からの電話があり、その都度本人確認を実施しています。本人確認には契約者名や住所などの確認で、平均2分程度の時間を要し、煩わしいという声が多く寄せられています。そこで、コールセンターに電話をした契約者のうち希望者に対し、所定のフレーズを読み上げもらうことで声紋を登録し、2回目以降の電話があったときには、声紋照合で本人確認する仕組みです。声紋認証システムの導入で、契約者の負担を軽減し、利便性向上につながることが期待されます。