アフラック生命保険株式会社は保険とITを統合させたインシュアテックを活用した即時支払いサービスをがん保険の一部の補償において導入すると発表しました。

導入される即時支払いサービスは、生体認証(指紋認証または顔認証)によって本人確認ができる独自のモバイルアプリの導入して本人確認書類の提出を省略し、三菱UFJ銀行が提供するインターネットバンキングサービス「BizSTATION」によって迅速な振込みをします。加入者が給付請求手続きを完了してから最短5分で指定した金融機関の口座に給付金が振り込まれるということです。

即時支払サービスは2018年12月から導入される予定です。また、サービスの対象となる補償は、がんと診断された後、生存を条件として一定期間受け取ることができる診断給付金で、対象商品は「アフラックのがん保険フォルテ」「ご契約者のためのがん保険フォルテ」「生きるためのがん保険Days」「生きるためのがん保険Daysプラス」です。

文: 蟹山淳子