アフラック生命保険株式会社は「がん経験者支援プラットフォーム」の機能を拡充するため、株式会社アートネイチャー、サンスター株式会社、ネスレ日本株式会社と業務提携を行ったと発表しました。

「がん経験者支援プラットフォーム」は、同社が2018年4月に発足させた、がん治療中の人やがん経験者が充実した人生を歩むために必要な支援サービスを提供するための仕組みです。同社は具体的なサービス提供を模索してきましたが、第一弾として、がん経験者が様々な情報を交換することができるSNS「tomosnote」を2018年9月から開始し、11月よりアートネイチャー、サンスター、ネスレ日本の3社が情報提供する予定です。

今回の業務提携により提供される情報は、外見ケアに関する情報(アートネイチャー)、口腔ケアに関する情報(サンスター)、栄養に関する情報(ネスレ日本)です。同社は、今後もプラットフォームを拡充していくために、各社と価値創出に向けた協業を検討・実施していくということです。

文: 蟹山淳子