アニコム損害保険株式会社は、2018年9月4日、診療費の目安が品種別・年齢別・性別にわかる「どうぶつ診療費ドットコム」をオープンしたと発表しました。

言葉が話せないペットが病気になると、小さな症状であっても飼い主は大きな不安を抱えます。また、獣医療は自由診療なので、同じ治療でも病院によって診療費が異なります。飼い主は診療にどのくらいのお金が必要か不安に思っても、実際の診療費や、かかりやすい病気を知る方法はあまりありません。そこで同社は、飼い主の悩みや不安を解消し、安心してペットの診療を受けられるよう、「どうぶつ診療費ドットコム」でどうぶつの病気に関するデータベースを公開することしました。

同社プレスリリースによれば、「どうぶつ診療費ドットコム」で分かることは以下の通りです。
1.品種(トイ・プードル、スコティッシュ・フォールド等)・年齢・性別ごとの「かかりやすい病気」
2.各疾病にかかる診療費の分布状況
3.各疾病の平均的な通院回数
4.症状(目やにが出ている、皮膚をかゆがる等)から類推される傷病名
5.犬・猫のほかに、鳥・うさぎ・フェレットも年齢別・性別のみ検索可能

文: 蟹山淳子