アニコム ホールディングス株式会社が、ペットの疾患統計などをまとめた「アニコム家庭どうぶつ白書2017」を発刊しました。

同社は、ペット保険「どうぶつ健保」の保険金データや、独自のアンケート調査の結果などのデータを1冊にまとめた「家庭どうぶつ白書」を、2009年から毎年発行しています。「どうぶつ健保」の保有契約件数は、2017年11月末時点で67万件を超えており、ペットのデータ集としては国内最大規模ということです。

同社プレスリリースによれば、「家庭どうぶつ白書2017」の構成は以下の通りです。
第1部:家庭どうぶつと家族・・・・・・・犬・猫の飼育頭数、人気の品種、名前ランキングなど
第2部:どうぶつ医療を取り巻く環境・・・動物病院数、保険制度の普及率、品種ごとの診療費など
第3部:どうぶつの疾患統計・・・・・・・どうぶつ種別・品種別の統計、死亡原因、猫の寿命など
第4部:腸内細菌に関する研究・・・・・・どうぶつ種ごとの腸内細菌叢の構成、年齢との関係など
第5部:どうぶつkokusei調査 ・・・・・しつけの程度、どうぶつの体格と疾患との関係など

なお、「家庭どうぶつ白書」は以下のWEBサイトからダウンロードすることができます。
https://www.anicom-page.com/hakusho/book/