アクサ生命保険株式会社は、2017年4月2日より一部商品の保険料改定を行うことを発表しました。

今回の改定は、市中金利動向や標準利率の状況を踏まえて行うものですが、アクサ生命における死亡率や事業費の引き下げも行って見直したため、保険料は商品・プランによって据え置き、引き下げ、引き上げとなるものがあります。

たとえば、無解約払戻金型定期保険(愛称:アクサの「保障重視の定期保険 ピュアライフ」)、保険金額3,000万円、男性、30歳加入80歳満了、全期口座振替払いの場合、毎月の保険料は11,160円で、7.7%引き下げられます。

また、無配当終身保険(低払いもどし金特則付)(愛称:アクサの「一生保障の終身保険 保険料長期割安型」)、保険金額500万円、女性、40歳加入終身払、低払いもどし期間60歳(20年)の場合、年払いの保険料は110,605円で、22.7%の引き上げになるほか、加入の21年後に解約する場合の返戻率は88.8%で4.0%引き下げられます。

このほか、年払い定期付積立型変額保険「ライフプロデュース(06)」や、医療保障分野の商品などは保険料が据え置かれるということです。