アクサ生命保険株式会社は、2018年1月25日、横浜市と、市内企業等の健康経営の推進に係る取組において、相互の協力が可能な分野における連携を推進するため、協定を締結したと発表しました。

協定の締結により、同社が保険事業や健康経営の推進、CR活動を通じて得た知見や人的ネットワークを横浜市のさまざまな施策に役立て、横浜市と協力して市民生活や地域の発展のために取り組んでいくということです。

同社プレスリリースによれば、連携・協力事項は以下の通りです。
(1) 横浜市が実施する「横浜健康経営認証制度」の普及及び啓発に関する事項
(2) 横浜市が実施する市内企業等の健康経営の推進に向けた事業の普及及び啓発に関する事項
(3) アクサ生命が横浜市の区域内で行う、健康経営に関する各種取り組み及び啓発活動に関する事項
(4) その他、市民の健康増進、市民サービスの向上、地域社会の活性化に関すること