アクサ生命保険株式会社は2018年9月6日、埼玉県と県民の健康寿命の延伸を目指して相互に連携・協力することについて協定を締結したと発表しました。

同社は埼玉県内において、1968年12月に本庄商工会議所の生命共済制度を受託して以降、商工会議所共済制度の推進を通じて事業所の福利向上を図るべく、地域に根差した活動を続けています。この度、県の主要施策である「健康長寿埼玉プロジェクト」に基づく健康づくり施策の取り組みを連携・協力して行い、県民の健康寿命の延伸に貢献することも目的に、連携協定を締結することとなりました。

同社プレスリリースによれば、連携・協力事項は以下の通りです。
(1)健康経営の推進に関すること
(2)健康長寿サポーターの養成、拡大に関すること
(3)糖尿病重症化予防の啓発活動の実施に関すること
(4)埼玉県コバトン健康マイレージの普及推進に関すること
(5)その他、双方が必要と認めること

文: 蟹山淳子