アクサ生命保険株式会社は、2017年11月28日、北海道と、道民の健康づくりや地域経済の活性化などに協働して取り組むことについて、包括連携協定を締結したと発表しました。

同社は北海道において80年以上事業を行っています。また、近年は、道民の健康づくりや事業者の健康経営をサポートするために、地元報道機関などさまざまな機関と連携して啓発活動を進めてきました。この度、北海道と緊密に連携し、道民の健やかな生活と地域の発展のために協働して取り組んでいけるよう、包括連携協定を締結することとなりました。

同社プレスリリースによれば、連携・協働事項は以下の通りです。
(1)北海道の健康づくり、スポーツの振興に関する事項
(2)北海道の地域経済の活性化に関する事項
(3)北海道の減災・防災に関する事項
(4)その他、双方が必要と認める事項