アクサダイレクト生命保険株式会社は、2018年7月2日に「アクサダイレクトの定期保険2」と「アクサダイレクトの収入保障2」の保険料を改定し、平均16.2%引き下げると発表しました。

今回の改定は、主に国民全体の死亡率が改善したことによるものですが、同時に予定利率などの改定も実施するため、保険料が引き上げになるケースもあります。また、同社の他の保険商品について、保険料改定を行う予定はないということです。

保険料(月額)は、例えば「アクサダイレクトの定期保険2」の保険期間・保険料払込期間:10年、死亡・高度障害保険金額1,000万円の契約をする場合、40歳男性ならこれまでの2,380円が改定により1,910円に、40歳女性なら1,570円から1,450円に引き下げられます。

また、「アクサダイレクトの収入保障2」の保険期間・保険料払込期間:65歳満了、死亡・高度障害年金月額10万円、年金支払保証期間5年の契約をする場合は、30歳男性ならこれまでの3,760円が改定により3,380円に引き下げられますが、30歳女性の場合は2,360円から2,400円に引き上げとなります。

文: 蟹山淳子