あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と日本マイクロソフト株式会社は、マイクロソフトの統合型情報共有クラウドサービス「Office 365」を活用し、全社員の働き方改革に向けて協力することを発表しました。

あいおいニッセイ同和損保は、「社員が明るく元気にやりがいを持って働くことのできる環境整備・支援施策」を進めています。これまで「毎週の早帰り日の設定」、「年次有給休暇の計画定期付与制度」、独自の形での「プレミアムフライデー」の導入など、さまざまな取り組みを行っています。

今回は「Office 365」を活用することにより、業務効率化、社員のコミュニケーション活性化、組織横断のコラボレーション実現など、更に生産性を高める働き方改革を図ります。あいおいニッセイ同和損保は、2017年5月までに、全社員13,260名への導入完了を目指すということです。