あいおいニッセイ同和損害保険株式会社と、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社は資本業務提携(あいおいニッセイ同和損保がTDSEに5600万円出資:持株比率 7.96%)を行い、ビッグデータ解析・AI(人工知能)構築事業に共同で取り組んでいくと発表しました。

あいおいニッセイ同和損保は、テレマティクス技術の活用の高度化や先進技術の研究などを通じて、新たな保険募集スタイルの創造や、マーケットの拡大に取り組んでいます。その中で、AI 構築・解析技術を持つTDSEと提携し、両社のパートナーシップを構築し、中長期的な企業価値向上を目指すこととなりました。

同社プレスリリースによれば、今後予定しているプロジェクト内容は以下の通りです。
 (1)自動車保険のテレマティクスデータ等のビッグデータ分析・解析およびその活用
 (2)AI を活用した商品・サービスの開発
 (3)データサイエンティスト確保および人材教育
 (4)大学・研究機関との連携と大学からの人材採用等、採用・教育ビジネスの共同取組み