あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、言語理解と学習機能を兼ね備えたIBM Watsonの技術を活用して、社内の照会応答業務を高めるため、2016年12月16日より、社内全店での利用を開始したと発表しました。

IMB のWatson技術は、質問を自然文で入力すると、あらかじめ機械学習した情報から、適切な回答候補を選択し表示するもので、質問と回答を繰り返すことで学習し、より適切な紹介応答ができるようなります。あいおいニッセイ同和損保では、今回Watsonを自動車保険の商品についての照会応答業務に導入します。営業店から紹介担当部署へ電話照会をする前に、社内ポータルに掲載された照会応答システム「教えて NAVI♪」(IBM Watson)を活用することとしました。これにより、照会担当部署への照会が削減されるとともに、営業店の業務効率化、また疑問の確認がいつでもできることから、営業職員の自学・学習への活用も可能になります。

今後も同技術を活用、検証することにより、多種目への導入拡大や、代理店業務の照会支援ツール、またコールセンターの照会業務にも活用することで、お客様からの問い合わせに、さらに質の高い回答を可能にすることを目指すということです。