あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、2017年10月3日、関西大学社会安全部(高槻ミューズキャンパス)において、「テレマティクス自動車保険の現状について」をテーマにした寄付講座を実施したと発表しました。

同社プレスリリースによれば、寄付講座の概要は以下の通りです。
(1) テーマ 「安全・安心な社会を支える保険制度」
(2) 特徴  防災・減災、事故防止、危機管理を総合的に研究・教育する関西大学社会安全学部において、リスク・コントロールに加えて、リスク・ファイナンスの実践的知識は重要です。リスク・ファイナンスの中心となるのが保険制度です。実際の保険のビジネス現場で活躍する講師から直接話を聴くことによって受講者のリスク・ファイナンスについての理解を促し、社会人としての素養を磨くことを目的としています。

同社は今後も、これまでの経験やノウハウ、ネットワークを活用した寄付講座を、CSR活動の一環として提供していきたいということです。