あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、契約者サービスの充実を図るために、自動車のブラックボックスと言われるEDR(イベント・データ・レコーダ)のデータを活用した自動車事故損害調査に取り組んでいると発表しました。

あいおいニッセイ同和損保が事故の原因調査を委託しているあいおいニッセイ同和損害調査株式会社は、ボッシュ社のEDRデータ読み取り解析機器(CDR)を導入していますが、そのデータを解析するためには高度のスキルが必要です。そこで、ボッシュ社が認定する「CDRアナリスト資格」を、同社の技術アジャスター3人が取得しました。これにより、これまで外部機関へ依頼していたデータの解析を、同社の専門社員が行えるようになったため、契約者が事故に遭った際の賠償責任の有無や過失割合などについて、より迅速かつ正確で適切な判断が期待できます。「CDRアナリスト資格」の取得は、損害保険業界では初めてということです。