あいおいニッセイ同和損保保険株式会社は、医療機関において課題となっている未収金問題の解決策の1つとして、「医療機関向け取引信用保険」の販売を開始しました。

医師法第19条では、「診療に従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない」とされています。そのため、他の業界に比較して未収金が発生しやすく、近年の訪日外国人、独居老人、緊急搬送者等の増加で、未収金は更に増加すると予想されています。そのため、同社は医療機関の収益安定を助ける保険商品を開発することとなりました。

「医療機関向け取引信用保険」は、200以上の病床を持つ医療機関が対象で、患者の窓口負担分について、回収不能となった未収金の一部に対して保険金を受け取ることができます。医療機関にとっては、収益が安定するため対外的信用力向上する、保険金で未収金の一部を回収できる、債権管理業務の軽減によって医業へ集中できるといったメリットがあるということです。