あいおいニッセイ同和損保株式会社は、中小企業の資金調達の多様化に貢献するため、特定非営利活動法人日本動産鑑定と連携して、新たな保険パッケージ「事業性評価融資(ABL)トータルパッケージプラン」を開発し、2017年5月10日以降始期契約から発売を開始しました。

地域産業振興に向けた中小企業の資金面や、事業の継続・拡大に向けてコンサルティングは、地域金融機関が取り組んでいます。担保となる不動産を持たない企業に対する融資手法の一つに、事業性評価融資(ABL)があります。ABLは売掛債権や動産(機械設備、製品・仕掛け品・原材料など)を担保とする融資であり、「事業性評価」にも役立つとされています。

「事業性評価融資(ABL)トータルパッケージプラン」は、ABLによる融資を実行するにあたり、担保となる動産に偶然の事故や、売掛債権の回収不能が発生した場合の損失を補償します。担保となる動産の評価は、特定非営利法人日本動産鑑定の「評価額」をベースとします。担保の対象となる動産に補償を提供することで、中小企業のリスクヘッジを実現するだけでなく、金融機関にとっても担保保全強化となるため、融資を促進する効果が期待できます。