MS&ADインシュアランスグループのあいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、テレマティクス技術で取得した走行データに基づき、毎月の安全運転の度合いを保険料に反映する日本国内初となる自動車保険「タフ・つながるクルマの保険」を2018年1月より販売開始し、あわせて、加入者および代理店・扱者向けの専用デスクを開設しました。

これまで、同社の代理店・扱者向けデスクは電話のみによる対応だったため、特にシステム操作の問い合わせでは時間がかかり、ピンポイントでの支援が難しい状況でした。今般のビデオチャットの導入によって、パソコン上でマニュアルやパンフレットを画面に映しながら説明でき、代理店や扱者のパソコン画面を直接確認できるようにもなったため、従来に比べ迅速に対応できるようになったということです。