あいおいニッセイ同和損害保険株式会社は、株式会社ケイ・オプティコムと提携し、ケイ・オプティコムのユーティリティクラウドのセキュリティサービス「セキュアゲートウェイ【Type2】Plus」へサイバー保険の付帯を2018年11月1日より開始したと発表しました。

ケイ・オプティコムでは、顧客の情報資産がサイバー攻撃によって、搾取、改ざん、破壊されること等を防ぐためにUTM(統合脅威管理装置)を用い、安全なインターネット接続を実現する「セキュアゲートウェイ【Type2】」を提供しています。

「セキュアゲートウェイ【Type2】Plus」は、サイバー保険の適用範囲をケイ・オプティコムの提供するユーティリティクラウドの情報資産に限定することで、「セキュアゲートウェイ【Type2】」と同一価格となりました。補償額の上限は1億円で、「セキュアゲートウェイ【Type2】Plus」を申し込むと自動的に付帯できます。

「セキュアゲートウェイ【Type2】」の防御力でマルウェアの侵入やハッキングを阻止する一方で、万一の事故にセキュリティシステムの守備範囲外の事故に対しては、サイバー保険で備える「セキュアゲートウェイ【Type2】Plus」を提供することで、巧妙化するサイバー攻撃への対策となるとしています。

文: 蟹山淳子