昨今自転車保険の加入義務化が各地域で進められています。義務化のことは何となく知っているけどまだ何もしていない、どの自転車保険に入ったらいいんだろうと考えている方も多いでしょう。
また義務化とは関係なくお子様やご家族が自転車に乗る場合に重要となる自転車保険。自転車保険のしくみと選ぶポイントについて解説していきます。

自転車保険のしくみ

自転車保険とは、自転車に乗っている間に発生した損害を補償する保険です。
自転車に乗っている間に発生した損害は大きく2つに分けられます。1つは「自分のケガ」、もう一つは「相手への賠償」です。

自転車保険の2つの補償

補償の種類 補償する保険
自分のケガ 傷害保険
相手への賠償 賠償責任保険

保険の業界では「自分のケガ」の補償は「傷害保険」、相手への賠償は「賠償責任保険」といい、自転車保険として紹介されている保険の多くは実は2種類の保険がセットになっているのです。
以前は「自分のケガ」に注目されていた保険ですが、近年では自転車による深刻な交通事故が課題となり「相手への賠償」部分に注目が集まっています。
また2つの補償に加えて、保険会社はそれぞれ客様のニーズに応えるため、あえて2つセットにせずに「自分のケガ」だけのプランや、「相手への賠償」だけのプランを販売したり、自動車保険のようにロードサービスを用意したりと、ますます自転車保険は充実したものとなってきています。

それでは、さまざまな自転車保険の中からあなたに合った自転車保険を選ぶために、「2つの補償」についてご説明していきます。

その1.自転車保険「自分のケガの補償」のしくみ

その名の通り、自転車に乗って転倒してしまった時、衝突してしまった時のご自身のケガの費用を補償します。
しかし、治療費実費ではなく、ほとんどが通院や入院の日数に対して定額で保険金が支払われます。支払われる項目はいくつかあります。

自転車保険「自分のケガの補償」で支払われる費用

費用の種類 補償内容
通院費用 病院への通院1日につき〇円の支払い
入院費用 病院への入院1日につき〇円の支払い
手術費用 手術1回につき〇万円の支払い
後遺障害 ケガが完治せず、後遺障害が残った場合、障害の重さに応じて〇万円の支払い
死亡 事故で亡くなってしまった場合〇万円の支払い

※自転車保険によっては費用の組み合わせや支払い金額は異なります。

自転車保険「自分のケガの補償」を選ぶポイント

保険を選ぶ時に一番気になるのはやっぱり保険料。しかし、保険料だけで選んで、万が一の時の保険金が支払われなかったでは困ってしまいますよね。
それではケガの補償を選ぶ時の2つのポイントをご説明します。

ポイント1 補償の額が大きくなるほど保険料が高くなる。

当たり前のことですが、通院費用が1日1000円と1日5000円では保険料が違ってきます。
大きな事故では通院や入院が長引く場合があり、世帯主の方や個人事業主の方は入院して仕事を休んだときに備えて手厚い保険金額を設定すると安心です。
一方でケガの治療には健康保険を利用することができます。治療費全額ではなく自己負担の費用だけ備えられればいいという方は1日1000円~3000円など保険金額は低く設定することも可能です。

ポイント2 補償の範囲が広くなるほど保険料が高くなる。

通院、入院、手術、後遺障害、死亡全てセットされたプランと、通院を外したプランでは保険料が違ってきます。
どんなケガにも備えて全ての費用がセットされたプランに入ることが安心です。一方で「自転車保険の条例に備えられればいい」という方には通院を外したプランや、ケガの補償を外した、「賠償責任保険のみ」のプランに加入することも可能です。

通院補償を外したプランがある自転車保険

au損保『自転車向け保険 Bycle』はこちら

ジャパン少額短期保険
「ちゃりぽ【自転車あんしん保険】」はこちら

東京海上日動火災保険
ネットでeジョー「eサイクル保険」はこちら

三井住友海上火災保険の
「ネットde保険@さいくる」はこちら

ケガの補償を外したプランがある自転車保険

損害保険ジャパン日本興亜の
「サイクル安心保険」はこちら

その2.自転車保険「相手への賠償」のしくみ

相手への賠償の保険は、「日常生活賠償」や「個人賠償」と書かれている場合が多いです。
相手への賠償と聞くと自動車保険が思い出されます。自動車保険では「対人賠償」「対物賠償」と補償の項目が別れており、それぞれ別に賠償金額が決められていますが、自転車保険は「相手への賠償」の中に対人と対物両方の補償が含まれています。

相手への賠償の内容
・相手ケガ
・相手のモノ破損

自転車保険「相手への賠償」を選ぶポイント

ポイントは賠償金額が十分かどうかです。
死亡事故や重傷事故では治療費だけでなく休業損害、慰謝料が発生します。全てを含めると数千万円の賠償額になる場合があります。
もちろん、ケガの補償と同じで、賠償金額が高額になるほど保険料も高くなりますが、相手への賠償は必須です。賠償金額は十分に備えることが重要です。
また、示談交渉サービスがあるともっと安心です。相手への連絡や、書類の取り付け、支払いの流れや必要な書類の説明、事故の解決まで保険会社が行ってくれます。
最近は示談交渉サービスがついた自転車保険が増えてきていますが、加入前に一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

賠償責任額1億円のプランがある自転車保険

ジャパン少額短期保険
「ちゃりぽ【自転車あんしん保険】」はこちら

東京海上日動火災保険
ネットでeジョー「eサイクル保険」はこちら

賠償責任額2億円のプランがある自転車保険

au損保『自転車向け保険 Bycle』はこちら

賠償責任額3億円のプランがある自転車保険

au損保『自転車向け保険 Bycle』はこちら

三井住友海上火災保険
「ネットde保険@さいくる」はこちら

自転車保険についてのまとめ

自転車保険の2つのしくみ「自分のケガ」「相手への賠償」についてご紹介いたしましたがいかがでしたか。
自転車保険は条例での加入義務の流れもあり、ネットでかんたんに入れるものや、補償を絞って保険料をお手頃にしたもの、また賠償3億円など補償を充実したもの、さまざまな自転車保険が登場しています。
また、補償の対象が「個人向けのプラン」や家族まとめて補償対象となる「家族プラン」もあります。
近所への買い物や、子供の送り迎え、家族でのお出かけに、身近で便利な自転車を安心して使えるよう自転車保険を検討してみてはいかがでしょうか。

『自転車保険』一覧はこちら

自転車保険人気ランキングはこちら