• PICKUP

 ご夫婦で保険を検討される際、専業主婦(主夫)の方にも保険をかけるかどうか? を迷われる方が少なくありません。世帯主に比べて収入が少ない専業主婦(主夫)の場合、仕事ができずに収入が減るというダメージが小さいため、保険をかけるまでもない、というお考えの方もいます。

専業主婦(主夫)の入院に伴い発生する問題点

 しかし、専業主婦(主夫)の方が病気やけがで入院をすると、意外なところでかかる費用があるのです。

専業主婦(主夫)の労働価値は年収400万円以上!

 ご自身が家庭でする家事全般、例えば炊事・洗濯・育児・介護などは、どれだけ頑張っても、それに見合ったお給料をもらうことはありません。しかし、内閣府の調査でおもしろい報告がされています。家事全般(炊事、 掃除、洗濯、縫物・編物、家庭雑事)、介護・看護、育児、買物はお金の受取れない無償労働に含まれますが、それを金銭的な価値に換算したデータがあります。35歳~39歳の既婚者でお仕事をされていない方の「家事・買い物」は約286万8千円、「介護・看護」は4万5千円、「育児は147万3千円」になり、合計すると438万6千円にもなるのです。お金は受取れませんが、438万6千円という価値がありますので、堂々と胸を張ってもいいかもしれませんね。

主婦の無償労働の評価額
出典:内閣府「家事活動等の評価について」(平成25年)を基に筆者作成

専業主婦(主夫)の仕事を外注するとお金がかかる

 これら、専業主婦(主夫)の仕事を奥さまやご主人など、家族内で担っている場合には、家計で負担するお金はかかりません。しかし、万が一病気やけがで入院をして、自宅を不在にすることになったら、家事や育児は他の人がしなければなりません。

 配偶者や子どもなどが家族内で対応できればよいですが、配偶者が仕事で忙しい、お子さんがまだ小さい、手助けをしてくれる親族なども近くにいない、ということになれば、家事代行やベビーシッターなどを外注する必要も出てくることがあります。介護が必要なご両親などが同居していて、主婦(主夫)の方が介護をされていた場合には、ヘルパーなどの介護サービスを利用することもあり得ます。

 こうしたサービスを家族外の人に依頼すれば、当然お金がかかります。家事代行の相場は時間あたり2,000円ほど~、ベビーシッターは時間あたり1,500円ほど~、介護費用は、介護される方の要介護度によって異なってきます。

入院のためにかかる意外な費用

 主婦(主夫)の方が入院すると、ほかにも意外なシーンでお金がかかることがあります。たとえば、食費。日ごろは当たり前のように主婦(主夫)の方が家族の食事を準備していても、入院をしてしまうと、残された家族は自分たちで調達しなければならなくなります。料理をするスキルや時間があるご家族がいればよいですが、そうでなければ外食をしたり、コンビニ・スーパーでお総菜やお弁当を買ったりすることになります。すると、自炊をするのに比べて食費が上がります。

 お子さんを保育園や学童に預けて、主婦(主夫)の方がパートなどで働き、送り迎えもしていた場合には、入院後は送り迎えもほかの人がしなければなりません。ベビーシッターに送り迎えを依頼すればその費用がかかりますし、ほかの家族が送迎をするとなると、通常のお迎え時間に間に合わずに延長料がかかることもあります。

主婦(主夫)が働けなくなったときにも使える「就業不能保険」

 このように、専業主婦(主夫)の方が家事や育児を担えなくなることは、ご家族にも家計にも大きな負担になります。日ごろは想定していなかった意外な費用がかかることもあります。

 そこで、こうした出費に備えるのが「就業不能保険」です。

就業不能保険「働く人への保険2」を活用!

 ライフネット生命の就業不能保険「働く人への保険2」は、自営業や会社員の方のように、お仕事で収入を得ている人はもちろん、主婦(主夫)の方でも申込できます。

 たとえば、30歳女性の方が、就業不能になった際に月額10万円を受け取る契約内容なら、月額保険料は1,864円です。(※保険期間65歳満了、標準タイプ(A型)、支払対象外期間180日、就業不能給付金月額10万円、平成29年10月時点の保険料となります)
 保険料は加入時のままずっと変わりません。これなら、万が一、長期療養が必要になった場合でも、収入を助ける給付金を受け取り続けることができて安心です。(所定の就業不能状態に該当しなくなった場合には、支給が止まります。)

 主婦(主夫)の方の保険を考えるとき、「収入がないのだから収入減少のインパクトは小さい」と考えがちですが、主婦(主夫)が就業不能状態になった場合、それまでこなしていた家事労働や育児部分をサポートしたり補てんしたりする必要が出てきます。

メインで働かれていたご家族がサポートに入る場合は、それまでと同じように仕事量をこなせるのかわからないですし、ベビーシッターや家事代行サービスを利用する場合には、都度、出費がかさんでいきます。

働きに出ていない主婦(主夫)の方の保険をおざなりにしておいてはいけません。いざというときにご家族に与える影響が大きい存在であるからこそ、就業不能保険のような保険も検討しておきましょう。