満期の近い保険、死亡保険金を受け取れるか?

あなたは今37歳だとします。
昨日、医師から“がん”と宣告され余命あと5年とのこと。今加入している生命保険は、40歳で満期をむかえてしまう定期保険です。
37歳でがん宣告を受けた後、40歳で満了してしまう保険
 この生命保険の場合、40歳迄に死亡した場合、5000 万円の保険金額を受け取れますが、41歳以降の死亡の場合は、保険金を一切受け取ることができません。
家族に保険金を受け取ってもらうため、新しい保険への加入を考えましたが、加入させてくれる保険会社は一社もありませんでした。“がん”の告知を受けた後ですから当然のことです。
 「健康なうちにもっと保険に加入しておけばよかった」といっても後の祭り。さてどうしたものか…。

 こうなってからでは遅いのですが、そんな条件下でも、Lifyは違った発想をご提案します。
実はこの保険でも保険金を受け取れる方法があるのです!

加入中の生命保険を有効活用して保険期間を延長する方法

1)『保険期間延長制度』を利用【40歳までの保険期間を、90歳まで延ばしちゃいましょう。】
保険期間延長制度を利用した場合
これなら、余命5年と宣告されても安心ですよね
また、次のような方法もあります。

2)『変換制度』を利用
【40歳までの『定期保険』を、一生涯続く『終身保険』に変更しちゃいましょう。】
変換制度を利用した場合
一生涯続く保障に変更できるわけですから、保険金を受取れますよね。

保険会社によっては、保険期間の延長ができません

1)自分の加入している生命保険会社が、『保険期間延長制度』『変換制度』を取り扱っているかを確認する
 残念ながら、『保険期間延長制度』『変換制度』は全ての保険会社が取り扱っているわけではなく、取り扱いをしていない保険会社も多いのが現状です。
2)取り扱っている場合は、“医師の診査”や“告知書の提出”がなくてもこの制度が利用できるかどうかを確認する
 『保険期間延長制度』『変換制度』を取り扱っている保険会社でも“医師の診査”や“告知書の提出”が必要な場合、がん等の病気にかかっている場合には、変更ができないということになります。重要なポイントです。
3)自分の加入している生命保険が『保険期間延長制度』『変換制度』が利用できる生命保険種類かどうかを確認する
『保険期間延長制度』『変換制度』は保険種類によって取り扱いの可否が異なります。
4)デメリットも知る
(1)保険期間延長制度
 期間延長時には、一時金(責任準備金差額と次回保険料差額の合計)の支払いが必要になる。
(2)変換制度
 変更後の契約は新規契約になり、生命保険料は変換後の年齢で計算される。
 ただ、デメリットを考慮しても、“加入中の生命保険を有効活用して保険期間を延長する方法”は皆様のお役に立つはずです。そこでライフィでは、どの保険会社が対応できるかをこっそりお教えします!

『保険期間延長制度』『変換制度』共に「医師の診査」も「告知書の提出」も不要!

対応可能な保険会社及び保険商品はこちら

『変換制度』で「医師の診査」も「告知書の提出」も不要!

対応可能な保険会社及び保険商品はこちら

 『保険期間延長制度』を選べばよいのか『変換制度』を選ぶのかの選択について、
また両方の制度のメリット・デメリットも含めて相談したい方はこちら!!