保険証券を紛失または破損、焼失等された場合であっても、すぐに契約が無効になるわけではなく、保険の保障は継続します。ただし、保険金の受け取り等の手続きの際には、保険証券が必要となりますので、紛失等された場合にはすみやかに保険会社に連絡して保険証券の再発行手続きを進める必要があります。

保険証券の再発行の手続きを速やかに行いましょう

保険証券は、保険に契約していることを証明する書類です。契約している保険の内容・保険金額・保険期間、名義人などが記載されています。保険契約一つ一つに付与される「証券番号」も記載されています。この番号があると、住所変更や契約内容の変更、その他さまざまな手続きをするときにスムーズです。契約が終了するまで、大切に保管しておきましょう。
しかしながら、そうはいっても誤って捨ててしまったりなど、紛失や盗難、破損、焼失等で保険証券を失ってしまうことはあるかと思います。
そういった場合には、できるだけすみやかに保険会社に連絡して、保険証券の再発行手続きを請求しましょう。再発行手続きを行えば、保険は今まで通り適用されます。

保険証券再発行手続き処理

保険証券の再発行手続き

保険証券を再発行するには、契約している保険会社に連絡します。コールセンターやカスタマーセンターに、契約者本人が連絡しましょう。その際、証券番号がわかると手続きがスムーズです。保険証券を失くしてしまった場合でも、保険会社から年に1回送られてくる「ご契約内容のお知らせ」という書類があれば、そこに証券番号が記載されています。

再発行の申し込みをすると、再発行のための請求書類が届きます。必要事項を記入し、本人確認書類を同封して返送します。ここで必要になる本人確認書類は、保険会社によって異なります。契約者の実印・印鑑登録証明書が必要なところもあれば、運転免許証やパスポートのコピーで対応してもらえるところもあります。詳細は、契約先の保険会社に確認してみましょう。

手続き書類を送付すると、保険会社が確認後、新しい保険証券が届きます。再発行までには約1週間程度かかるところが多いようです。新しい保険証券が再発行されると、その時点で古い保険証券は無効になります。

上記のように、再発行には時間と手間がかかりますので、保険証券は大事に保管・管理をするようにしてください。