• PICKUP

日本人にとって、がんは他人事ではない病気です。一方でがんの治療法は進化しており、治せる病気にもなってきています。また、治療によって患者さんにかかる肉体面、日常生活面での負担も劇的に小さくなってきています。

今回は、最先端のがん治療のしくみについて解説します。

がん治療の種類

現在、がんの治療方法としては標準治療として次の3種類が用いられています。

(1)外科療法(手術)
がん細胞を切除することで病巣を取り除く方法。がん細胞を一気に取り除くことができるため、完治の可能性が比較的高いとされています。患者さんには、手術による身体的な負担がかかります。

(2)化学療法(抗がん剤治療)
抗がん剤を点滴・注射・内服することでがん細胞を破壊し、増殖を抑える治療方法。血液を通して全身に渡るため、手術で取り除きにくい小さな転移(微小転移)にも効果があります。副作用が起こりやすく、だるさ、吐き気、脱毛などで患者さんへの負担が大きい面もあります。

(3)放射線療法
放射線を病巣部に照射して、がん細胞を死滅・減少させる治療方法。切除の必要がないので、臓器をそのまま残しておくことができます。だるさ、吐き気、食欲の減退、皮膚の赤み、脱毛といった副作用が起こります。

いま、これらに加えて第4の治療方法として注目されているのが「免疫療法」です。

第4の治療方法、「免疫療法」とは?

免疫療法とは、自分の体を守る免疫の力を使ってがんを治療する方法です。その手法にはさまざまなものがあり、いずれも今まさに研究が進められている段階です。2018年現在、このうち京都大学・本庶佑特別教授のノーベル医学・生理学賞受賞で注目を集めた「オプジーボ(ニボルマブ)」など、がん細胞が免疫の働きにブレーキをかけるのをブロックする「免疫チェックポイント阻害剤」については科学的な効果が一部のがんについて証明されています。

ほかに、現在研究が進められているがん免疫療法の例として、がんだけを狙って攻撃する「樹状細胞ワクチン療法」などのがんワクチン療法やがん免疫細胞療法があります。
免疫細胞を体外で増やして、活性化したものを体内に戻し、がん細胞を攻撃する治療法です。治療では注射や短時間の点滴だけで行えるので、入院の必要はありません。患者さんの細胞をもとに作製するため、重い副作用が少ないのも大きなメリットです。

がん免疫細胞療法による治療の流れ

がんの治療における免疫療法はその種類によって違いはありますが、樹状細胞ワクチン療法、NK細胞療法、活性化リンパ球療法などのがん免疫細胞療法の場合は、一般的に約5~7回の通院による投与で、1クール約3~4か月で治療します。一度の通院で必要な時間は短くて1時間、長くても3時間ですので、忙しい人でも生活への影響が少なく、治療を進めることができます。お仕事への通勤前後に治療を受ける人も多いのです。

がん免疫細胞療法によるがん免疫療法を行うには、外来を受診して医師から治療方法の説明を受け、実際に適用できるかどうかを検査します。10日後に採血をして、患者さんの体内から治療に使用するワクチンのもととなる成分を取り出します。この採血には2~3時間かかります。ここで取り出した成分を細胞培養し、約3週間かけて「樹状細胞ワクチン」というものを作製します。このワクチンを、2週間おきに1本患者さんに投与すると、がん細胞に免疫が作用していくしくみです。

がん免疫細胞療法にかかる費用

がんの治療にかかる費用は、どのような治療方法をとるかによって異なります。日本医療政策機構がん政策情報センターの調査によると、標準的ながん治療のためにかかる費用は平均で約115万円。100万円~150万円という人が大半を占めています。※

外科療法、化学療法、放射線療法の多くは公的医療保険の対象になりますから、現役世代の人は自己負担3割ですみます。また、がん免疫療法の中でも公的な保険の対象となるものがあり、オプジーボで知られる「免疫チェックポイント阻害剤」の一部もその一つです。

ただし、科学的な効果についての研究段階で、十分に検証が完了していない治療方法は公的医療保険の対象にならず、自費診療として全額が自己負担になります。樹状細胞ワクチン療法などによるがん免疫細胞療法もそのひとつで、治療にかかる約150万円~200万円は全額が自己負担になります。免疫細胞療法を受ければ、標準的な治療費に上乗せして、まとまった費用がかかることになります。

がん保険のなかには、特定の治療法を利用したら給付を受けられるものもありますが、最先端の治療法はほとんど対象にしていません。どんなに優れた治療法でも、医療費の負担が大きいとなると、経済的な理由で断念せざるを得ないことになってしまいます。

ですが、ご自身やご家族がいざがんになったら、できるだけ効果の高い治療法を選択したいものですよね?

がん免疫細胞療法をもっと手軽に受けるために

そこでおススメなのが、医師が考えた少額短期保険の「医師が考えたがん治療のための免疫保険」です。
この保険は、がん治療で誰もが手軽に免疫細胞療法を受けられるようにと、免疫細胞療法を研究・開発している医師らが開発に深く関わった保険です。

特に、まだ公的保険がきかないがん免疫細胞療法を受ける際の費用負担を軽減することを目的としており、がんと診断されたら100万円、樹状細胞ワクチン療法、NK細胞療法、活性化リンパ球療法などのがん免疫細胞療法を受けたら60万円の一時金を受け取れます。(オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害剤は対象にはなりません)合計160万円で、免疫細胞療法によるがん免疫療法の治療費に充てられるようになっています。がん免疫細胞療法を受けたにもかかわらず、がんと診断確定されてから1年以内にがんで死亡した場合には、死亡保険金100万円を受け取れるしくみです。(上皮内がんはがん診断給付金の対象にはなりません)

医師が考えたがん治療のための免疫保険の一時金金額

保険料は、30~34歳男性なら月420円。保障内容がシンプルなため、他社のがん保険と比べて保険料の水準が低くなっています。ワンコイン以下で最先端の治療法に備えられるのは魅力的ですね。

たとえば、仮に30歳男性が50歳まで20年間契約したら、支払う保険料の総額は約14万円(各年齢の保険料を加算)。もし期間中にがんにかかったら100万円の診断給付金、がん免疫細胞療法を受ければさらに60万円の一時金を受け取れます。小さな負担で、大きな治療費を確保することができるわけです。

一般的ながん保険では対象にならない最新の治療にかかる費用をカバーできれば、がんを治すための選択の幅が広がりますね。

がん免疫細胞療法はどんな効果があるの?

樹状細胞ワクチン療法、NK細胞療法、活性化リンパ球療法などのがん免疫細胞療法の効果は現在研究が進められており、2018年10月現在では、効果は統計的にまだ明らかにされていません。ただ、慎重な検証が進めば、十分に効果があると認められる可能性もあります。これまでには、生存期間を延ばす効果や、がんの再発を予防する効果が報告されています。今後、複数の研究が蓄積されれば、より具体的な効果が明らかになってくるでしょう。

一度発生したがんは、初期であっても再発するリスクはあります。早いタイミングで免疫の治療を受けることで、再発を防ぐことができるかもしれません。すでに一般的ながん保険に入っている人でも、免疫保険をプラスすれば、がんの治療だけではなく再発の予防まで手厚い対応が可能になると期待できます。

医療技術の進歩とともに、がんは働きながらでも治せる時代、そして、防げる時代になりつつあります。いざがんになったとき、そして、将来にがんになるリスクを減らすために、免疫保険は大いに活用できるかもしれません。

がん保険人気ランキングはこちら

本文:CFPファイナンシャルプランナー 加藤梨里

※出典:がん政策情報センター「患者が求めるがん対策」(2011年)

参考:国立がん研究センターがん情報サービス「免疫療法 まず、知っておきたいこと」
参考:同上「免疫療法 もっと詳しく知りたい方へ」