AIG富士生命

がんに備える保険 がん保険 がんベスト・ゴールドα

「がんベスト・ゴールドα」は悪性新生物と診断確定されたときの一時金を一生涯保障する”がん保険”です。月払保険料2,000円で、悪性新生物診断確定時に100万円の一時金保障が一生涯続きます!
(無解約返戻金型悪性新生物療養保険(2014) :100万円/30歳/男性/保険期間・保険料払込期間:終身/クレジットカード払扱の場合)

「がんベスト・ゴールドα」の特長

こだわりの一時金保障

悪性新生物と初めて診断確定されたときに、最高で300万円の一時金を受け取ることができます。
自由に使える一時金でさまざまな治療費に備えられます。悪性新生物診断確定後は保険料払込不要です。
※主契約と悪性新生物初回診断一時金特約(2014)の合算額。
ここで一時金をお受け取りいただけます
[一時金にこだわる理由]
がんになると、長く入院をするイメージがありますが、左下のグラフのとおり、厚生労働省の統計データ(患者調査)では、がんの平均入院日数は年々短くなり、一方で外来の割合は高くなっています。
がんの平均入院日数の推移 がん患者数に占める外来患者の割合
さらに、がん治療には、さまざまな経済的負担がかかる可能性もあります。
抗がん剤治療 術後の身体ケア(ウイッグや乳房再建など) 治療中の収入減少
がん治療にはさまざまな治療法があり治療費以外の費用がかかる可能性もあります。「がんベスト・ゴールドα」は、悪性新生物診断確定時に一時金を受け取れますので、 入院・通院・その他費用など使いみちを自由にお選びいただけます。これがAIG富士生命が一時金にこだわっている大きな理由です。

自由に選べる特約保障

がん先進医療に対する保障など、バリエーション豊かな特約・特則で保障を充実できます。
上皮内新生物診断給付金 [上皮内新生物診断給付金特約(2014)]
悪性新生物初回診断一時金[悪性新生物初回診断一時金特約(2014)]
がん先進医療給付金[がん先進医療特約(2014)]
がん入院給付金・がん手術給付金[がん入院・手術特約(2014)]
悪性新生物無事故給付金[悪性新生物無事故給付金特則]

AIG富士生命健康サービスが付いています!

AIG富士生命では、治療や健康をトータルにサポートする商品付帯サービスを提供しています。

*業務提携先であるティーペック(株)が提供します。ご利用に際しては諸条件があります。
・がんトータルサポートサービス・ベストホスピタルネットワークサービス・健康医療相談サービス・こころのサポートサービス・糖尿病トータルサポートサービス

給付金受取例

加入プラン

加入プラン表
ご注意事項

・本資料では、保険商品の概要をご案内しています。

・本資料でご案内している社会保障制度の内容につきましては、2016年11月2日現在施行されている制度に基づく内容です。

・今後の制度改正等によって、内容が変更される場合もありますのでご注意ください。

・ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

・主契約の解約返戻金のお取扱いは以下のとおりです。

◎保険料払込期間が終身(終身払)の場合:保険期間を通じて解約返戻金はありません。

◎保険料払込期間が60歳、65歳(有期払)の場合:

保険料払込期間中の解約
解約返戻金はありません。
保険料払込期間満了後の解約
保険料払込期間満了日まで保険料が払い込まれている場合は、主契約の悪性新生物診断給付金額の10%の解約返戻金をお支払いします。

・保険料払込方法はクレジットカード払扱です。

・以下の保障は保険期間の始期からその日を含めて91日目に開始します。

*主契約、悪性新生物初回診断一時金特約(2014)の悪性新生物に関する保障

*上皮内新生物診断給付金特約(2014)の上皮内新生物に関する保障

*がん先進医療特約(2014)、がん入院・手術特約(2014)の上皮内新生物・悪性新生物に関する保障

AIG富士生命保険株式会社:AFL015/1610A

このページの先頭へ