AIG富士生命

AIG富士生命新がんベスト・ゴールドα

  • がん保険
新がんベスト・ゴールドα

もしもの時、あなたに必要なさまざまな治療法に備えられる「一時金給付タイプ」のがん保険です。

「新がんベスト・ゴールドα」の特長

初めて悪性新生物と診断確定された時点で、最高300万円の一時金をお受け取りいただけます。

※主契約と悪性新生物初回診断一時金特約(2017)を合わせて300万円まで設定いただけます。

もしものときあなたに必要となる、さまざまな治療法に備えられます。

保障が一生涯であんしん!

初めて悪性新生物と診断確定された時点で給付金が一括で支払われる「新がんベスト・ゴールドα」なら、その後の入院・通院はもちろん、あなたが受けることになる、さまざまな治療法に備えられるので安心です。
また、医療技術の進歩にともなう、将来の治療環境の変化にも末永く対応できます。

  • 入院
  • 通院
  • 手術
  • 放射線治療
  • 抗がん剤治療
  • ホルモン療法

その他、治療中に着用するウィッグ、交通費、ご家族のホテル宿泊代などにもご利用いただけます。

収入が減少した場合のカバーにも役立ちます。

保障が一生涯であんしん!

出典:平成22年~24年度 厚生労働省がん臨床研究事業「働くがん患者と家族に向けられた包括的就業支援システムの構築に関する研究」班 研究代表者 高橋 都

厚生労働省のアンケートによると、がん患者の半数近くが、診断時とその後で「収入が減った」と答えています。
「新がんベスト・ゴールドα」なら、初めて悪性新生物と診断確定されたときに使い道の自由なまとまった一時金が受け取れますので、「生活費」「住宅ローン」「教育費」などの補填にもお役立ていただけます。

【2年に1度、何度でも】再発・転移・継続治療等もカバー!

一時金(悪性新生物診断給付金)は回数無制限でお支払い!

術後3年以内
の再発率
肝がん
50%
胃がん(Ⅱ期)
19%

※再発率は術式(どのような手術、処理をしたか)などにより大きく異なります。

出典:新日本保険新聞社
「2015年(7月)版 こんなにかかる医療費」

一時金をお受け取りになった後も、「再発」「転移」はもちろん、「継続治療」の場合でも、支払事由に該当する限り、この一時金は何度でも受け取れます(2年に1度を限度)。

保険料払込を免除!

悪性新生物と診断確定されたら、以後の保険料はいただきません。

保障は一生涯続きます。

がん治療が長期化すると、収入が減ることも。
保険料が負担にならないよう、悪性新生物と診断確定されたら、以後の保険料は一切いただきません。

さらに、がんと闘うために3つの安心をご用意!

【2年に1度、何度でも】上皮内新生物もしっかり保障

上皮内新生物でも診断確定時に一時金をお支払い。
支払事由に該当する限り、2年に1度を限度に何度でも保障。

※上皮内新生物診断給付金特約(2017)を付加した場合

【技術料と同額+その他10%相当額】先進医療にかかる技術料を通算2,000万円※1まで保障

患者の肉体的負担が少ないと言われている「重粒子線治療」など、がん治療を目的とした先進医療を保障します。

※がん先進医療特約(2017)を付加した場合

※1 技術料の10%相当額をお支払いする「がん先進医療一時金」は、この通算に含まず、上乗せしてお支払いします。

【特定の治療への備えに】抗がん剤治療や放射線治療時の上乗せ保障も!

抗がん剤治療、放射線治療、女性特有のがん手術治療、乳房再建など、治療方法に応じて、保障を上乗せする特約も。

※がん治療給付金特約(2017)、女性がんケア特約(2017)を付加した場合

▲保険会社のサイトに移動します▲

保障内容の概要

※詳細は契約概要等をご覧ください。

基本保障

悪性新生物診断給付金<無解約返戻金型悪性新生物療養保険(2017)>

【初回】
初めて悪性新生物と診断確定されたとき

【2回目以降】
前回の支払事由該当日から2年経過後に、診断確定された悪性新生物の治療を目的とした入院をしたとき(入院を継続していときを含む)、または通院をしたとき
【いずれかお選びください】
300万円 or 200万円 or 100万円 or 50万円

※悪性新生物診断給付金と悪性新生物初回診断一時金は合計300万円が限度です。

上乗せ保障

悪性新生物初回診断一時金<悪性新生物初回診断一時金特約(2017)>

初めて悪性新生物診断確定されたとき
【付加される場合、いずれかお選びください】
200万円 or 100万円 or 50万円

※悪性新生物診断給付金と悪性新生物初回診断一時金は合計300万円が限度です。

上皮内新生物診断給付金<上皮内新生物診断給付金特約(2017)>

上皮内新生物診断確定されたとき
【付加される場合、いずれかお選びください】
50万円 or 20万円

※悪性新生物診断給付金が50万円の場合、上皮内新生物診断給付金は20万円をお選びください。

がん先進医療給付金・がん先進医療一時金<がん先進医療特約(2017)>

がん(悪性新生物・上皮内新生物)により先進医療を受けたとき
【がん先進医療給付金】
先進医療にかかる技術料と同額(通算支払限度2,000万円)
【がん先進医療一時金】
がん先進医療給付金×10%相当額

抗がん剤治療給付金・がん放射線治療給付金<がん治療給付金特約(2017)>

がんにより抗がん剤治療放射線治療受けたとき(同一月に1回何度でも)
【抗がん剤治療給付金】
10万円(同一月に1回)
【がん放射線治療給付金】
10万円(同一月に1回)

女性がん手術給付金・乳房再建術給付金<女性がんケア特約(2017)>

女性特有のがん所定の手術受けたとき
【女性がん手術給付金】
10万円/回(卵巣観血切除術:2回、子宮観血切除術:1回、乳房観血切除術:片側1乳房につき1回)
【乳房再建術給付金】
10万円/回(片側1乳房につき1回)

この保険は、保険期間の始期から91日目に保障を開始します。

保険料の例

無解約返戻金型悪性新生物療養保険(2017) (月払/保険料払込期間:終身)

※はみ出ている場合、横にスクロールできます。
男性
  20歳 30歳 40歳 50歳 60歳 70歳 80歳
悪性新生物診断
給付金
300万円 3,425円 5,111円 7,629円 11,717円 17,287円 20,248円 19,590円
200万円 2,463円 3,607円 5,303円 8,052円 11,796円 13,793円 13,375円
100万円 1,501円 2,103円 2,977円 4,387円 6,305円 7,338円 7,160円
50万円 1,020円 1,351円 1,814円 2,554円 3,559円 4,110円 4,052円
悪性新生物初回診断
一時金
200万円 1,106円 1,687円 2,582円 4,116円 6,624円 9,225円 10,646円
100万円 603円 898円 1,349円 2,120円 3,380円 4,688円 5,409円
50万円 351円 503円 732円 1,122円 1,758円 2,419円 2,790円
上皮内新生物診断
給付金
50万円 166円 214円 278円 378円 523円 622円 552円
20万円 131円 158円 192円 242円 315円 364円 342円
がん先進医療給付金・
がん先進医療一時金/
技術料と同類+その10%相当額
99円 124円 129円 138円 170円 184円 202円
抗がん剤治療給付金・
がん放射線治療給付金/
10万円
546円 735円 1,068円 1,657円 2,705円 4,088円 4,862円
※はみ出ている場合、横にスクロールできます。
女性
  20歳 30歳 40歳 50歳 60歳 70歳 80歳
悪性新生物診断
給付金
300万円 3,182円 4,557円 6,006円 7,652円 9,508円 11,094円 12,036円
200万円 2,303円 3,253円 4,219円 5,330円 6,583円 7,652円 8,297円
100万円 1,424円 1,929円 2,432円 3,008円 3,658円 4,210円 4,558円
50万円 984円 1,267円 1,538円 1,847円 2,195円 2,489円 2,688円
悪性新生物初回診断
一時金
200万円 916円 1,342円 1,820円 2,428円 3,229円 4,148円 5,134円
100万円 508円 725円 967円 1,274円 1,679円 2,143円 2,643円
50万円 304円 416円 540円 697円 904円 1,140円 1,397円
上皮内新生物診断
給付金
50万円 212円 249円 266円 281円 311円 328円 309円
20万円 150円 173円 185円 196円 214円 226円 225円
がん先進医療給付金・
がん先進医療一時金/
技術料と同類+その10%相当額
98円 123円 127円 132円 138円 145円 158円
抗がん剤治療給付金・
がん放射線治療給付金/
10万円
639円 836円 1,117円 1,373円 1,559円 1,854円 2,283円
女性がん手術給付金・
乳房再建術給付金/
10万円
160円 194円 218円 227円 229円 228円 231円

AIG富士生命健康サービスが付いています!

AIG富士生命では、治療や健康をトータルにサポートする商品付帯サービスを提供しています。

※AIG富士生命の業務委託先であるティーペック(株)が提供します。ご利用に際しては諸条件があります。

・がんトータルサポートサービス
・健康医療相談サービス
・糖尿病トータルサポートサービス

・ベストホスピタルネットワークサービス
・こころのサポートサービス

▲保険会社のサイトに移動します▲

ご注意事項

・この保険は、保険期間の始期から91日目に保障を開始します。

・本ページでは、保険商品の概要をご案内しています。

・ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご覧ください。

・このページの記載内容は、2017年4月2日現在のものです。

AIG富士生命保険株式会社:AFL343/1703A

このページの先頭へ