朝日火災海上保険

朝日火災海上保険ホームアシスト(家庭総合保険)

  • 火災保険
リスク細分型の住宅専用火災保険です

「ホームアシスト(家庭総合保険)」の特長

ホームアシストならお住まいのさまざまなリスクを補償!

充実の基本補償と選べるオプション!

ホームアシストは、火災や風災、水災等の自然災害による損害はもちろん破損等の偶然な事故による損害まで、お住まいのリスクを幅広く補償します。
お客さまのニーズに合わせて、ご予算に応じた補償内容を選択できます。
また、お住まいの条件等により、納得の保険料設定が可能です。

【さらに】
ご希望によりお住まいの補償以外の賠償事故等、日常生活のリスクまでトータルにサポートします。

お住まいの建物はもちろん敷地内にある様々なものを補償!

ホームアシストは、お住まいの建物だけではなく、同じ敷地内にある様々な設備や付属建物も補償します。

保険期間中いつでも「新築できる」保険金をお支払い!

ホームアシストは、保険金額を「再調達価額」(同等の建物を新たに建築するために必要な金額)で設定し、「再調達価額」を基準に保険金をお支払いする「新価実損払」方式です。

保険料の払込方法は「長期年払」がお得!
「長期年払」の保険期間は2年~10年の整数年からお選びいただけます。
お選びいただいた保険期間に応じ、保険料が4%~10%お安くなります。

※「長期年払」の正式名称は『長期保険保険料年払特約』です。

補償内容

お客さまの安心をアシストする朝日火災のホームアシスト
4つのプランでピッタリの補償ご提案します!

基本となる補償

ワイド・ベーシック・エコノミー・フリーの4つのプランからお客さまにピッタリの補償をご提案!

○:補償します
△:特約等により補償を外すことができます
×:補償しません

※はみ出ている場合、横にスクロールできます。

火災リスク・自然災害リスク
プラン ワイド ベーシック エコノミー フリー
火災

①火災

②落雷

③破裂・爆発

風災・雹(ひょう)災・雪災

④風災・雹(ひょう)災・雪災

自己負担額はございません。

自己負担額をお選びいただけます。

自己負担額をお選びいただけます。

自己負担額をお選びいただけます。

水災

⑤水災

×

日常災害リスク
プラン ワイド ベーシック エコノミー フリー
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・倒壊等

⑥建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・倒壊等

×
給排水設備・他人の戸室で生じた事故による水濡れ

⑦給排水設備・他人の戸室で生じた事故による水濡れ

騒擾(じょう)、集団行動、労働争議に伴う暴力・破壊行為

⑧騒擾(じょう)、集団行動、労働争議に伴う暴力・破壊行為

盗難による窃取・損傷・汚損

⑨盗難による窃取・損傷・汚損

不測かつ突発的な事故(破損・汚損)

⑩不測かつ突発的な事故(破損・汚損)

自己負担額はございません。

自己負担額をお選びいただけます。

×

自己負担額をお選びいただけます。

※破損・汚損損害等補償対象外特約をセットする場合のみ、基本となる補償⑥~⑨の補償を外すことができます。

+

費用の補償

ワイド・ベーシック・エコノミー・フリーの4つのプランからお客さまにピッタリの補償をご提案!

※はみ出ている場合、横にスクロールできます。

地震火災費用

地震火災費用

災害時諸費用

災害時諸費用

緊急時仮住い費用

緊急時仮住い費用

水道管修理費用

水道管修理費用

錠前交換費用

錠前交換費用

損害防止費用

損害防止費用

特別費用

特別費用
 

※保険の対象が建物の場合のみ補償します。

+

さらに充実!選べるオプション

さらに充実!選べるオプション

補償を充実させるため、オプション(特約)をセットできます。

さらに安心!地震保険

さらに安心!地震保険

地震・噴火・津波による火災、損壊、埋没、流失によって損害を受けた場合に保険金をお支払いします。

▲保険会社のサイトに移動します▲

選べるオプション・地震保険

選べるオプション(建物や家財の補償)

ご希望により基本となる補償に以下のオプション(特約)をセットできます。

建替費用補償特約 (保険の対象が建物の場合のみ)

建替費用補償特約 (保険の対象が建物の場合のみ)

(ワイドプラン自動セット)
事故により、建物が再調達価額の70%以上の損害を受け、同一用途の建物に建て替えた場合の費用をお支払いします。

共用部分修理費用補償特約(保険の対象が区分所有建物の場合のみ)

共用部分修理費用補償特約(保険の対象が区分所有建物の場合のみ)

(ワイドプラン自動セット)
バルコニー等のような使用または管理する建物の共用部分が損害を受け、修理した場合の費用をお支払いします。

防犯対策費用補償特約 (保険の対象が建物の場合のみ)

さらに安心!地震保険

(ワイドプラン自動セット)
建物に不法侵入を伴う犯罪行為が発生し、再発防止のために、建物の改造を行った場合の費用をお支払いします。

持ち出し家財補償特約 (保険の対象が家財の場合のみ)

持ち出し家財補償特約 (保険の対象が家財の場合のみ)

(ワイドプラン自動セット)
(ベーシックプラン自動セット)

旅行等で建物から一時的に持ち出された家財が、日本国内で事故により損害を受けた場合に保険金をお支払いします。(現金等、預貯金証書を除きます。)

※エコノミープランにはセットできません。

※ベーシックプラン、フリープランで破損・汚損損害等補償対象外特約をセットした場合は、この特約はセットできません。

引越し中の損害補償特約 (保険の対象が家財の場合のみ)

引越し中の損害補償特約 (保険の対象が家財の場合のみ)

(ご希望によりセット)
建物から転居先の住宅に運送中の家財が、事故により損害を受けた場合に保険金をお支払いします。(現金等、預貯金証書を除きます。)

※エコノミープランにはセットできません。

選べるオプション(日常生活の補償)

ご希望により基本となる補償に以下のオプション(特約)をセットできます。

類焼損害補償特約

類焼損害補償特約

ご自宅の火災、破裂・爆発の事故で近隣の住宅やその家財に損害を与えた場合に保険金をお支払いします。

個人賠償責任補償特約(賠償事故解決に関する特約自動セット)

個人賠償責任補償特約(賠償事故解決に関する特約自動セット)

ご家族の方が日本国内または国外の日常生活において、偶然な事故により他人の身体を傷つけたり、財物を破損した結果、法律上の損害賠償責任を負担することにより損害を受けた場合に保険金をお支払いします。また、応急手当および訴訟費用は別にお支払いします。

※日本国内において発生した賠償事故については「示談交渉サービス」がご利用いただけます。

借家人賠償責任補償特約 (修理費用補償特約自動セット)

借家人賠償責任補償特約 (修理費用補償特約自動セット)

火災、破裂・爆発により借用する戸室が破損し、借用戸室の貸主に対して法律上の損害賠償責任を負担することにより損害を受けた場合に保険金をお支払いします。また、借用する戸室が損害を受け、貸主との賃貸借契約に基づき修理した場合の費用をお支払いします。

▲保険会社のサイトに移動します▲

地震保険でさらに安心

ご希望により基本となる補償に以下のオプション(特約)をセットできます。

保険金をお支払いする場合

※はみ出ている場合、横にスクロールできます。

地震で建物が損壊した

地震で建物が損壊した

地震による火災で
建物・家財が燃えた

地震による火災で建物・家財が燃えた

津波で建物・家財が流失した

津波で建物・家財が流失した

噴火で建物が埋没した

噴火で建物が埋没した

火災保険では、

・地震等による火災(およびその延焼・拡大損害)によって生じた損害

・火災(発生原因を問いません)が地震等によって延焼・拡大したことにより生じた損害

はいずれも補償されません。

保険の対象

個人賠償責任補償特約(賠償事故解決に関する特約自動セット)

地震保険の対象は「住居専用の建物(専用住宅)」または「家財」です。
次のものは地震保険の対象には含まれません。

・通貨、有価証券、預貯金証書、印紙、切手等

・貴金属、美術品などで1個または1組の価額が30万円を超えるもの

・稿本、設計書、図案、証書、帳簿等

保険金額の設定

保険金額はホームアシストの保険金額の30~50%の範囲内で設定してください。
ただし、他の地震保険契約と合算して、建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度額となります。

保険金のお支払い

地震・噴火・津波による火災、損壊、埋没、流失によってご契約の建物・家財が右表の損害を受けた場合、地震保険金をお支払いします。
損害の程度である「全損」「大半損」「小半損」「一部損」の認定は、「地震保険損害認定基準」に従って行います。

・1回の地震等による損害保険会社全社の支払保険金額が11兆3,000億円(平成28年4月現在)を超える場合、お支払いする保険金は、算出された支払保険金総額に対する11兆3,000億件の割合によって削減される場合があります。

損害の程度 お支払いする保険金の額
全損のとき 地震保険の保険金額の100%
(時価額が限度)
大半損のとき 地震保険の保険金額の60%
(時価額の60%が限度)
小半損のとき 地震保険の保険金額の30%
(時価額の30%が限度)
一部損のとき 地震保険の保険金額の5%
(時価額の5%が限度)

保険期間

1年ごとの自動継続方式や最高5年までの長期契約方式があります。
ただし、ホームアシストの保険期間とあわせてご契約いただきます。
なお、ホームアシストの保険期間の途中から地震保険を追加することもできます。

▲保険会社のサイトに移動します▲

ご注意事項

・本ページでは、保険商品の概要をご案内しています。

・ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご覧ください。

・このページの記載内容は、2017年6月27日現在のものです。

朝日火災海上保険株式会社:C29-119

このページの先頭へ