日立キャピタル損害保険

日立キャピタル損害保険リビングエール(長期就業不能所得補償保険)

  • 長期所得補償保険
就業不能保険
長期で収入をサポート!働き世代を守る保険
病気やケガで働けなくなった時、収入をサポートしていくための保険です。

「リビングエール」とは

日立キャピタル損害保険の「リビングエール(長期就業不能所得補償保険)」は、ご契約期間中に病気やケガで長期療養を余儀なくされ、全く働けなくなった(就業不能状態になった)場合に、毎月、収入のように保険金を受け取ることができる保険です。

就業不能リスクへの備えは万全ですか?

病気やケガで長期間働けなくなるリスクは収入がダウンしてしまうこと!

病気やケガで長期間働けなくなったら困ることは、その期間の収入がダウンしてしまうことです。

長期間就業不能になった場合の影響

長期間就業不能になった場合の影響

収入が大幅に減少しても、毎月の出費は減りません。住宅ローンや家賃、生活費、お子さまの教育費などに加え、あなた自身の治療費やリハビリなどにかかる費用が重くのしかかってきます。

※「国民健康保険」に傷病手当金はありません。

※「障害年金」は重度の障害認定がされた場合に支給されます。

「リビングエール」の特長

病気やケガにより長期療養で全く働けなくなった時、最長60歳まで保険金をお支払いします。

長期補償プラン(対象期間60歳まで)

(イメージ図)

長期補償プラン

病気やケガで90日を超えて全く働けなくなったら、毎月10~30万円を最長60歳までお支払いします。

※対象期間5年の設定も可能です。

※保険金月額は、税込み月収の1/12の60%の範囲内で設定してください。

※保険金のお支払いの対象とならない病気やケガがございます。詳しくはお問い合わせください。

全く働けない状態であれば、入院中に限らず、医師の指示による自宅療養中も保険金をお支払いします。

リカバリーサポートプログラムが利用できます。

保険金は全額非課税で受取ることができます。

保険料は他の介護医療保険料とあわせて年間で最高4万円が所得金額から控除されます。

保険料のお受け取り例

Aさんが病気により、2017/6/3~2027/7/31まで就業不能になった場合

支払対象外期間

2017/6/3~2017/8/31までの90日間

保険金お支払い期間

2017/9/1~2025/7/31までの約9年と11か月

お支払いする保険料

20万円×(12ヶ月×約9年+11か月)

ご注意事項

・「リビングエール」は長期就業不能所得補償保険の愛称です。

・本ページは保険商品の概要をご案内しています。

・ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご覧ください。

・このページの記載内容は、2017年3月15日現在のものです。

日立キャピタル損害保険株式会社:2014年3月20日作成 Hb039-13-0082

このページの先頭へ