損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命医療保険フェミニーヌ

  • 女性専用医療保険
医療保険フェミニーヌ
医療保険(2014)A型・手術I型・180日型
女性のための女性限定医療保険
子宮筋腫などの女性が心配な病気による入院の保障だけ
でなく、3年ごとにボーナスがうれしい医療保険です。

「フェミニーヌ」の特長(プラン1の場合)

3年ごとに150,000円が受けとれるのがうれしい。

入院の有無や回数にかかわらず、3年ごとに150,000円のボーナス(生存給付金)を5回受けとれます。

※ プラン1の生存給付金で保険契約が有効に継続している場合にお支払いします。

女性に多い病気やすべてのがんによる入院の給付金額を
上乗せ保障してくれるから安心!

女性特有の病気・女性にも多い病気・すべてのがんによって入院したとき、入院1回あたり180日まで給付金額を上乗せし、通算日数は無制限で手厚く保障!

子宮筋腫などの女性特有の病気はもちろん、低血圧症や膀胱炎などの女性にも多い病気、乳がんや胃がんなどすべてのがんによる入院を手厚く保障します。重点保障(女性疾病入院給付金)の対象となる女性特定疾病については約款別表をご覧ください。

※1 疾病入院給付金・災害入院給付金の日額

※2 疾病入院給付金+女性疾病入院給付金の日額

三大疾病による入院は支払日数無制限で保障!

子宮筋腫など女性が心配な病気だけでなく、ほとんどすべての病気・ケガによる入院を保障してくれる。三大疾病による入院は支払日数無制限で保障!

ほとんどすべての病気・ケガによる入院を、入院1回あたり日帰り入院から最長180日の長期入院まで、通算では1,000日まで保障します。また、海外での入院も保障の対象となります。
三大疾病による入院の場合、入院1回あたりも通算も日数無制限でお支払いしますので、長期の入院も安心です!<三大疾病支払日数無制限特則>

※文中の三大疾病とは、がん(上皮内がん含む)・急性心筋梗塞※1・脳卒中※2をさします。

※1 虚血性心疾患のうち、急性心筋梗塞(狭心症などを除く)

※2 脳血管疾患のうち、「くも膜下出血」「脳内出血」「脳梗塞」

入院でも外来でも手術は公的医療保険の対象となる約1,000種類を保障

病気やケガによる手術が対象で、手術の内容により1回につき、主契約の入院給付金日額の40・20・10・5倍の金額をお支払いします。

※お支払いに制限がある場合や、対象外となる手術があります。

公的医療保険が適用されない先進医療の技術料を保障
(医療用新先進医療特約)

先進医療の技術料を、お支払額を通算して2,000万円まで保障します。

・自動更新した場合、更新前後を通算して2,000万円限度となります。

【先進医療とは】
先進医療とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、療養を受けた日現在に規定されているものに限ります。そのため、対象となる先進医療は変動します。医療用新先進医療特約による給付は、先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院、または診療所において行われるものに限ります。

万が一のときも保障してくれるからうれしい

死亡されたとき、死亡保険金として300万円をお支払いします。また、所定の高度障害状態になられた場合は、特約高度障害保険金をお支払いし、定期保険特約は消滅、その他の保障は保険料払込免除で継続します。

※保険料の払い込みが免除されている場合、B型(生存給付金がない型)に変更して自動更新します。

保障内容

各給付金等のお支払いは、責任開始期以後に発病した病気や発生した不慮の事故によるケガを対象とします。

削減期間 削減期間

※1 日帰り入院は、入院基本料のお支払いの有無などを参考にして判断します。

※2 入院給付金については、入院の直接の原因が同一の病気(医学上重要な関係があると引受保険会社が認めた病気を含む)またはケガで2回以上入院をされたとき、1回の入院とみなす場合があります。このため、入退院を繰り返される傷病等については、お支払いができる最大日数が1回の入院のお支払限度である180日となる場合がありますので、ご留意ください。

※3 三大疾病による入院の場合は、疾病入院給付金の1回の入院についての支払限度および通算支払限度を超えて疾病入院給付金をお支払いします。

※4 つぎのいずれかに該当する場合についても、それらの入院を通じて入院一時金のお支払いは1回限りとします。
(1)入院を2回以上した場合で、主契約の普通保険約款の規定により1回の入院とみなされるとき(2)疾病の治療を目的とした入院を開始したときに異なる疾病を併発していた場合、またはその入院中に異なる疾病を併発した場合で、主契約の普通保険約款の規定により、その入院開始の直接の原因となった疾病により継続して入院したものとみなされるとき

※5 責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に行われた採取術が対象となり、手術給付金のお支払いは1回を限度とします。ただし、骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の提供者と受容者が同一人となる自家移植の場合は対象外です。

※6 入院の原因となった病気やケガの治療を目的とした通院に限ります。

※7 入院を2回以上した場合で、主契約の普通保険約款の規定により、1回の入院とみなされるときは、お支払限度である30日まで保障します。

※8 三大疾病で通院した場合は、通算支払限度を超えて疾病通院給付金をお支払いします。

※9 被保険者が既に引受保険会社で所定の先進医療関係の保障にご加入の場合には、付加できません。

※10 先進医療とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、療養を受けた日現在に規定されているものに限ります。そのため、対象となる先進医療は変動します。医療用新先進医療特約による給付は、先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院、または診療所において行われるものに限ります。

※11 所定の高度障害状態になられた場合は、特約高度障害保険金をお支払いし定期保険特約は消滅、その他の保障は保険料払込免除で継続します。保険料のお払込みが免除されている保険契約が更新される場合は、B型(生存給付金がない型)に変更して自動更新します。

※12 特約高度障害保険金と特約死亡保険金は重複してお支払いしません。(特約高度障害保険金をお支払い後は定期保険特約が消滅するため、以後に死亡された場合は、死亡保険金をお支払いします。特約死亡保険金はお支払いしません。)

保険料の例

入院給付金日額10,000円プラン

保険期間・保険料払込期間:15年

(単位:円)

契約
年齢
(歳)
女性
プラン1プラン2プラン3
208,1515,9864,829
308,5276,2915,094
408,6536,4345,182
5010,7068,0646,579
6015,23611,6399,592
ご注意事項

・お仕事の内容・健康状態・保険ご加入状況などによってはご契約をお引き受けできない場合や、保障内容を制限させていただく場合があります。

・本ページでは、保険商品の概要をご案内しています。
ご契約の際には「パンフレット」「ご契約のしおり・約款」「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」を必ずご覧ください。

・このページの記載内容は、2018年11月5日現在のものです。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社:HL-P-B1-18-00963(2018.11.29-2020.10.31)

このページの先頭へ