太陽生命保険

太陽生命保険ひまわり認知症治療保険

  • 引受基準緩和型医療保険
ひまわり認知症治療保険
健康上の理由で、保険の加入をあきらめていた方をサポートする保険
健康に自信のない方でも、簡単なチェックで加入できるか、すぐに確認できます。

「ひまわり認知症治療保険」の特長

健康に自信のない方でも、次の項目がすべて「いいえ」ならご加入可能

入院したことがある方や現在お薬を飲んでいる方など、健康上の理由で「もう保険には入れないかも?」と思っている方のための医療保険です。
つぎの項目がすべて「いいえ」ならお申込みできます!

現在の健康状態

チェック項目
チェック1

次の①②のいずれか1つでも該当しますか?

①現在、入院中である。

②現在、入院または手術の予定がある。(医師にすすめられている、相談している場合も含みます)

※ペースメーカー等の植え込みをしている方は「該当」になります。

いいえ
チェック2

次の①②のいずれか1つでも該当しますか?

①現在、肝硬変または悪性新生物※1と医師に診断または疑いがあると指摘されている。

※現在、診断結果待ちまたは検査結果待ちの場合を含みます。

②現在、妊娠している。

いいえ

過去の健康状態

チェック項目
チェック3

最近6ヶ月以内に、病気やけがで入院または手術をしたことがありますか?

いいえ
チェック4

過去2年以内に、入院または手術をし、その入院または手術と同じ病気やけがで、最近6ヶ月以内に医師による診察・検査・治療・薬の処方を受けたことがありますか?

※経過観察のために通院している場合を含みます。

※「薬の処方」には点眼薬の処方を含みます。

いいえ
チェック5

過去5年以内に、悪性新生物※1で入院または手術をしたことがありますか?

いいえ

認知症関連

チェック項目
チェック6

次の①②のいずれか1つでも該当しますか?

認知症(軽度認知障害を含みます)と医師に診断または疑いがあると指摘されている。

※現在、診断結果待ちまたは検査結果待ちの場合を含みます。

※認知症薬を処方されている場合を含みます。

認知症(軽度認知障害を含みます)を原因として、公的介護保険制度における要介護・要支援の認定を受けている。または認定の申請中である。

※40歳未満の方は該当しません。

いいえ

※1 悪性新生物について
悪性新生物には、 がん・肉腫・悪性のしゅよう・白血病・悪性リンパ腫・骨髄腫 を含みます。

この保険は簡単な告知のみで、より詳細な告知や医師の診査を必要としない保険種類ですが、上記の項目がすべて「いいえ」の場合でもご契約のお引き受けができない場合があります。

器質性の「認知症」を保障!

器質性の認知症とは、脳の組織の変化による病気です。
認知症により、「時間」「場所」「人物」のいずれかの認識ができなくなったときを保障します。

アルツハイマー型認知症

脳血管性認知症

パーキンソン病の認知症

クロイツフェルト・ヤコブ病の認知症 など

※認知症治療給付金は、生まれて初めて器質性認知症に該当し、かつ、意識障害のない状態において所定の見当識障害があると診断確定され、その状態が180日継続したときにお支払いします。

7大生活習慣病やシニア疾病などを保障!

7大生活習慣病、老人性白内障、熱中症などによる入院・手術・放射線治療を保障します。
女性は、さらに女性がなりやすい病気も保障します。

女性疾病プラス
7大疾病プラス 女性特有の
病気
7大生活
習慣病
シニア疾病
(シニアの方がなりやすい病気)
がん
(悪性新生物)
老人性
白内障
子宮筋腫
心・血管
疾患
熱中症 慢性関節
リウマチ
脳血管疾患 脊椎障害 胆石症
糖尿病   鉄欠乏性
貧血
高血圧性疾患 乳腺症
肝疾患 甲状腺機能
亢進症など
腎疾患  

※男性は7大疾病プラスが対象です。女性は女性疾病プラスが対象です。

要介護の原因になりやすい「骨折」を保障!

事故や転倒による骨折

骨粗しょう症による骨折 など

※骨折治療給付金のお支払いは180日間に1回を限度とします。また、同一の原因による骨折は1回のみお支払いします。

ご契約例

保険期間・保険料払込期間:終身

※はみ出ている場合、横にスクロールできます。

ひまわり認知症治療保険
■認知症治療給付金特則付加
(基準金額) 5万円
(骨折治療給付金額) 10万円
(認知症治療給付金額) 100万円

この保険には1年間の削減期間があります
削減期間中に支払われる給付金等の金額は、ご契約後の不慮の事故を原因とする場合を除き、削減期間経過後に支払われる給付金等の半分となります。(認知症治療給付金は原因を問わず削減期間中に支払事由に該当したときは半額になります。)

削減期間 削減期間

削減期間とは、契約日から起算して1年を経過する年単位の契約応当日の前日までの期間のことをいいます。削減期間中に支払われる給付金等の金額は、ご契約後の不慮の事故を原因とする場合を除き、削減期間経過後に支払われる給付金等の半分となります。(認知症治療給付金は原因を問わず削減期間中に支払事由に該当したときは半額になります。)

保障内容(上記ご契約例の場合)

削減期間経過後の保障内容

生まれて初めて所定の認知症になり180日継続したとき

認知症治療給付金 100万円

※認知症治療給付金は、生まれて初めて器質性認知症に該当し、かつ、意識障害のない状態において所定の見当識障害があると診断確定され、その状態が180日継続したときにお支払いします。

女性疾病プラス(男性の場合は7大疾病プラス)で1日以上入院したとき

入院一時金
(女性疾病プラス/7大疾病プラス)
5万円

女性疾病プラス(男性の場合は7大疾病プラス)で所定の手術を受けたとき

手術給付金
(女性疾病プラス/7大疾病プラス)
入院中に受けたとき10万円
外来で受けたとき5万円

※女性疾病プラスとは、7大疾病プラス(7大生活習慣病にシニアの方がなりやすい3つの病気をプラスしたもの)に、女性特有の病気を加えたものをいいます。男性の場合は、7大疾病プラスを保障します。

女性疾病プラス(男性の場合は7大疾病プラス)で所定の放射線治療を受けたとき

放射線治療給付金
(女性疾病プラス/7大疾病プラス)
1回につき10万円

骨折と医師により診断され、治療を受けたとき

骨折治療給付金 1回につき10万円

保険料の例(上記ご契約例の場合)

上記保障内容の場合の保険料例です。

口座月払保険料
ご契約年齢 男性 女性
45歳 3,070円 4,356円
50歳 3,489円 4,975円
55歳 4,029円 5,651円
60歳 4,714円 6,642円
65歳 5,495円 8,009円
70歳 6,550円 9,534円
ご注意事項

・本ページでは、保険商品の概要をご案内しています。

・ご契約の際には、特に重要なお知らせ(重要事項のお知らせ[ご契約のしおり・約款(抜粋)])兼商品パンフレット等を必ずご覧ください。

・このページの記載内容は、2017年8月25日現在のものです

太陽生命保険株式会社:個-982-17-015 2017/09/07

このページの先頭へ