ライフネット生命保険

ライフネット生命保険就業不能保険「働く人への保険2」

  • 就業不能保険
就業不能保険
就業不能状態に備える保険
病気やケガで働けずに収入が途絶えた場合の生活維持に備える保険です。

「働く人への保険2」の特長

健康時の収入 DOWN 収入が減ってしまうことも!

病気やケガで働けなくなったとき、困るのは「収入」です。ちょっとした入院なら、有給休暇や貯蓄でなんとかできるかもしれません。
でもそれが、がんや大きなケガによる長期の入院・在宅療養だったら・・・?生活費にプラスして治療費などが出ていくのに、入ってくるお金が減るという生活は厳しいものです。

住宅ローンに教育費、毎日の生活費は出ていくばかりです

働けなくなったらどうしよう? 住宅ローン家賃支払い 子どもの教育費 家族の生活費

「働く人への保険2」で備えましょう。あなたの生活をサポートします!

「働く人への保険2」の給付金の受け取りイメージ

就業不能給付金の月額を20万円に設定した場合 ※「標準タイプ」の例です 就業不能状態発生 支払対象外期間※ 毎月20万円 保険期間満了まで、もしくは就業不能状態から回復するまで続きます! 就業不能給付金の月額を20万円に設定した場合 ※「標準タイプ」の例です 就業不能状態発生 支払対象外期間※ 毎月20万円 保険期間満了まで、もしくは就業不能状態から回復するまで続きます!

※就業不能状態となってから60日または180日(申込時にお客様が選択された期間)は、就業不能給付金のお支払いの対象外です。なお、新たに就業不能状態となった場合は、その都度、支払対象外期間が適用されます。

就業不能状態が20年続いた場合

就業不能状態になってから、支払対象外期間以後、就業不能状態が20年続いた場合
就業不能給付金の受取総額は・・・

20万円×12ヶ月×20年= 総額4,800万円

「働く人への保険2」は、「長期の入院」と「在宅療養」に備えられます

「働く人への保険2」が保障する「就業不能状態」とは入院だけに限りません。就業不能状態が続き、ご自宅で療養をしている場合も保障の対象となります。

※「うつ病」などの精神障害が原因の場合や、「むちうち症」や「腰痛」などで医学的他覚所見がみられない場合は、給付金をお支払いできません。

※就業されていた元のお仕事(現職)に復帰することができない場合に、給付金が支払われるわけではありません。

就業不能状態とは、次のいずれかに該当する状態をいいます。

入院をしている状態 または 在宅療養をしている状態

入院している状態はもちろん、医師の指示により自宅等で療養をしている場合や、医師の指示で外出が通院等に制限されているような状態が就業不能状態に該当します。

就業不能状態とは?

就業不能状態とは、以下の入院または在宅療養をしている状態をいいます。

入院

病気やケガの治療を目的として、日本国内の病院または診療所において入院している状態。

在宅療養

病気やケガにより、医師の指示を受けて、日本国内の自宅等で、軽い家事および必要最小限の外出を除き、治療に専念している状態。ただし、梱包や検品などの軽労働または事務などの座業ができる場合は、在宅療養をしているとはいいません。

※被保険者が死亡した後は、いかなる場合でも就業不能状態とはいいません。

※「うつ病」などの精神障害が原因の場合や、「むちうち症」や「腰痛」などで医学的他覚所見がみられない場合は、お支払いの対象外です。

※就業されていた元のお仕事(現職)に復帰することができない場合に、給付金が支払われるわけではありません。

※所定の就業不能状態に該当しなくなった場合、就業不能給付金のご請求は対象外となります。

▲保険会社のサイトに移動します▲

お客様のニーズや状況にあわせて選べる充実の保障内容!

就業不能給付金の受け取り方を選べます。

標準タイプ

1回目のお支払いから「満額」の就業不能給付金が受け取れます。
ハーフタイプに比べると保険料は高くなりますが、貯蓄額がまだ十分でない方などにおすすめです。

1回目の給付金のお支払いから設定した就業不能給付金月額をお支払いします 就業不能状態に該当 支払対象外期間 支払開始 満額受け取り

ハーフタイプ

1回目の給付金のお支払いから一定期間は、就業不能給付金を月額の50%相当に削減してお支払いします。そのため、保険料が標準タイプに比べてお手頃です。
「傷病手当金」の対象となる会社員の方などにおすすめです。

就業不能状態になってから540日間は就業不能給付金を月額の50%相当に削減してお支払いします。 就業不能状態に該当 支払対象外期間 半額支払開始 給付金を削減 半額受け取り 満額支払開始 満額受け取り 支払削減期間1年6ヶ月相当(540日間)

標準タイプとハーフタイプの違いは?

保険料を比べてみましょう:就業不能給付金月額10万円、保険期間・保険料払込期間65歳満了、支払対象外期間180日

男性 標準タイプハーフタイプ
30歳1,896円1,614円
40歳2,279円1,881円
50歳2,698円2,147円
女性 標準タイプハーフタイプ
30歳1,864円1,604円
40歳1,918円1,610円
50歳2,015円1,646円

※保険料のお支払いは、月払いのみのお取り扱いです。

※就業不能給付金を受け取られている間も、保険料をお支払いただく必要があります。

※上記保険料は2017年1月1日現在のものです。

保障内容をご確認ください保障内容をご確認ください

就業不能給付金
月額
10万円~50万円(5万単位)
お申し込み時の年収によって、申し込める就業不能給付金月額に上限があります。
主婦・主夫の方の就業不能給付金月額の上限は10万円です。
高度障害給付金、
保険料払込免除
  • 就業不能給付金月額の10倍
  • 所定の高度障害状態になったら保険料の払い込みは免除

※高度障害給付金の支払限度は、保険期間を通して1回です。

支払対象外期間60日または180日
就業不能状態となってから給付金が支払われるまでの期間のことです。
就業不能給付金
削減特則
標準タイプ(給付金削減特則なし)または
ハーフタイプ(給付金削減特則あり)
保険期間、
保険料払込期間
55歳満了、60歳満了、65歳満了、70歳満了

お支払いできない場合をチェック

給付金をお支払いできない場合の代表的な事例をチェックしておきましょう。ここでは主な例のみを記載しています。詳しくは、ご契約のしおりや約款(やっかん)を必ずお読みください。

主な事例

  • 責任開始時点前の病気やケガが原因の場合
  • 治療を目的としない入院や在宅療養
  • 「うつ病」などの精神障害が原因の場合や、「むちうち症」や「腰痛」などで医学的他覚所見がみられない場合など

▲保険会社のサイトに移動します▲

ご注意事項

・この保険には「満期保険金」や「配当」、「解約返戻金」はありません。

・健康状態や職業によっては、審査の結果、加入できないことがあります。

・保険料は支払わなければならない月の翌々月末日までにお支払いください。

・期限内にお支払いいただけない場合は、保険契約が失効します。

・保険料が未払いで契約が失効してしまうと、契約を元に戻すこと(復活)ができません。

・本ページでは、保険商品の概要をご案内しています。

・ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご覧ください。

・このページに記載の保険料は、2017年1月1日現在のものです。

ライフネット生命保険株式会社:LN-RT-20031

このページの先頭へ