ライフネット生命保険

定期死亡保険 かぞくへの保険 特長

※定期死亡保険「かぞくへの保険」の業界最安水準の保険料という表記について

※業界最安水準について

2016年4月1日時点において、当社を含むネット生保6社の定期死亡保険(リスク細分型の定期死亡保険は除く)を以下の条件で比較。

【比較条件】

30歳、40歳、50歳の各男女、定期死亡保険、死亡保険金額500万円、1,000万円、保険期間10年、月払

ライフネット生命の定期死亡保険「かぞくへの保険」の保険料が、調査対象とした30歳、40歳、50歳の各年齢において「一番安い保険料」、もしくは「最安の保険料との差が10%未満」であることから、業界最安水準という表記を用いています。

安くて便利

同じ商品をお店で買うより、インターネットでで買う方が安くなる場合があります。 実は保険も一緒なのです。ライフネット生命はインターネットを主な販売経路とすることで、割安な保険料を実現しています。

インターネットで保険を販売することで、 営業する人も、店舗も、店舗にかかる経費も最小限で済むことから、その分、 保険料を安くすることが出来ています。

ライフネット生命で保険を見直して保険料が削減できた人にききました。
保険金額の選び方

保険金額には「目安」があります

保険金額を決める際の目安となるのが「必要保障額」です。
必要保障額とは“残されたご家族が生活をしていくための必要なお金”のこと。

つまり、死亡保険で準備しておきたいお金必要保障額となります。

保険金額の選び方

必要保障額は、家族構成や世帯を支える方の年収などによって異なります

ライフネット生命が提案する「保険金額の目安」
※ 必要保障額(保険金額の目安)の考え方

教育費の目安(概算)

すべて公立に通うなら約1,000万円、すべて私立の場合は約2,400万円かかります

お子さまの教育費は、大学まですべて公立学校に通わせても1,000万円以上というお金がかかります。ご両親に万が一のことがあっても教育費や生活費を十分に確保できるよう、お子さまが生まれたら、まずは、ご両親の死亡保険を準備しましょう。

トータルでかかる教育費の目安(概算)すべて公立1,089万円、すべて私立2,469万円
業界最安水準※の保険料を実現

定期死亡保険「かぞくへの保険」は、シンプルな掛け捨てタイプ。お手頃な保険料で、万が一の場合に備えることができます。

※業界最安水準について

2016年4月1日時点において、当社を含むネット生保6社の定期死亡保険(リスク細分型の定期死亡保険は除く)を以下の条件で比較。

【比較条件】

30歳、40歳、50歳の各男女、定期死亡保険、死亡保険金額500万円、1,000万円、保険期間10年、月払

ライフネット生命の定期死亡保険「かぞくへの保険」の保険料が、調査対象とした30歳、40歳、50歳の各年齢において「一番安い保険料」、もしくは「最安の保険料との差が10%未満」であることから、業界最安水準という表記を用いています。

月額保険料の例(保険金額1,000万円 / 保険期間10年の場合)

月額保険料の例(保険金額1,000万円 / 保険期間10年の場合)
  • 定期死亡保険「かぞくへの保険」のお支払いは、月払いのみのお取り扱いです。
  • 定期死亡保険「かぞくへの保険」は更新型です。
  • 保険料は、年齢や性別、保障 内容によって異なります。
  • この保険には、満期保険金や配当、また、解約返戻金はありません
かぞくの保険の詳細ページへ
LN-RT-12397-9110

このページの先頭へ