テラ少額短期保険

テラ少額短期保険医師が考えたがん治療のための免疫保険

  • がん保険
最先端の医療を身近にする新しいがん保険

医療の現場で患者さんと向き合ってきた医師が本気で考えたお手頃な保険料で、自由診療、先進医療問わずがん免疫細胞療法の治療費を保障するまったく新しい保険です。

「医師が考えたがん治療のための免疫保険」とは?

がんと診断されたら

100万円

がん保険は各社様々な商品設計をしており、三大治療に対する保障はある程度充実しています。
一方、これから出てくる新しい治療が三大治療に該当するとは限らず、保障の対象にならない可能性もあります。
免疫療法に限らず新しい治療はこれからも医療技術の進歩によりどんどん出てくることでしょう。
この保険はがん免疫細胞療法を受けやすくするために生まれたものですが、最先端の治療をある程度自由に選択するためには、それらにいち早く対応できるよう、診断時に自由に使えるまとまった保障が必要であると考えています。

※がんとは悪性新生物を意味し、上皮内新生物は保険金の支払い対象にはなりません。

がん免疫細胞療法を受けたら

60万円

最先端のがん治療の中でもがん免疫細胞療法は数多くの実績があり、国内の著名な大学での研究成果も多数発表されています。
先進医療として実施される医療機関も一部ありますが、多くは公的保険適用外の自由診療として提供されており、治療費は高額になりがちです。
診断保険金と合わせて治療保険金として60万円の保険金をお支払いすることで、がん免疫細胞療法の治療費のかなりの部分をカバーできるように設計しました。

がん免疫細胞療法を受けたにも関わらず

【がん診断から1年以内にがんで死亡した場合100万円】

がん免疫細胞療法の治療効果は学会で多数発表されるなど注目されています。
その中でも抗がん剤など三大治療との併用で行った場合、三大治療を単独で行った場合と比較して、延命効果を示す研究成果が出ています。
仮に治療の甲斐なく早期に亡くなられた場合には、ともにがんと戦う家族に少しでも感謝の気持ちを表したいという現場での患者さんの声に応え、死亡保険金をつけました。

総額160万円でがん免疫細胞療法の治療費を保障します。

がんと診断されたら、以後の保険料はいただきません。

▲保険会社のサイトに移動します▲

「がん免疫細胞療法保険」の特長

「がんサバイバーのための再発治療保険」の特長

1.安価な保険料でがんに備えることができる

2.がん免疫細胞療法でかんを徹底的にたたき、再発リスクを減らすことができる

3.がん免疫細胞療法は治療時間が短く副作用も少ないので、働きながら治療を続けられる

免疫保険を国の公的医療制度などと組み合わせて考えることで、安価な保険料でかなりの不安をカバーできる保障になります。

がん保険は高いから入れないという人に

がん保険は高いから入れないという人に

民間の医療保険やがん保険は高いから入れないよ、という人に入っていただけることを目指しました。
国の公的医療制度は充実しているため、公的医療保険の適用になる標準治療の治療費は比較的安価に抑えられます。
免疫保険と国の公的医療制度を組み合わせる、と考えることで、もしもの時に、最先端の治療を自由診療で行うという選択肢も生まれ、安価な保険料でかなりの不安をカバーできる保障となります。

他の保険に+αを

他の保険に+αを

今入っている保険は加入したまま、免疫保険にも入ってほしいと思います。
がん保険は各社それぞれのよさがあります。
そこにない保障であり、これからさらに重要になるものをこの免疫保険で追加する、と考えてもらえるといいと思います。

もしもの時は早めに免疫の治療を

もしもの時は早めに免疫の治療を

体の状態がいいほうが一般的に免疫力が高く免疫治療も効果が出やすいと考えられるため標準治療と併用してぜひ早めに免疫の治療も受けてほしいと思います。
高額な治療費がこれまでハードルになっていましたが、安価な保険料で大きな保障を得られる免疫保険を活用すればそれも可能になってきます。
なお、万が一、発見が遅れて進行した状態でがんが見つかったとしても、がん免疫療法は治療効果が期待できるものです。

若い人も今から加入を

若い人も今から加入を

若いうちは自分ががんになるというイメージが湧きにくいので、がんになったら何にどのくらいお金がかかって、そのためにいくら備えてと整理することはなかなか難しいと思います。
また国の制度で保障される部分も多分にあるので、まずはそれらを活用することを考えるべきでしょう。
最先端の治療を受けやすくすることに保障を絞って、保険料をあまり気にならないくらい安価にすることを目指しました。
30代であれば月額保険料がワンコイン程度、コーヒー一杯くらいの負担になっています。

▲保険会社のサイトに移動します▲

保険料の例

これからのがん治療のことを考えて、患者さんの役に立つ保障だけをシンプルに提供するという観点から、できるだけ安価な保険料にこだわりました。
例えば、40歳未満の男性であれば、ワンコイン月500円を切る保険料で、がん治療の選択肢を大きく広げられる保障が可能になります。
また、70代女性でも、1日あたり約100円で同様の保障を得られることになります。

  • 父:36歳 月払保険料490円
    男性月払保険料年払保険料
    20~24歳390円4,520円
    25~29歳400円4,640円
    30~34歳420円4,870円
    35~39歳490円5,680円
    40~44歳600円6,960円
    45~49歳830円9,630円
    50~54歳1,330円15,430円
    55~59歳2,220円25,750円
    60~64歳3,440円39,900円
    65~69歳5,060円58,700円
    70~74歳7,070円82,010円
    75~79歳8,890円103,120円
    80~84歳10,520円122,030円
  • 祖母:67歳 月払保険料2,510円
    女性月払保険料年払保険料
    20~24歳400円4,640円
    25~29歳440円5,100円
    30~34歳560円6,500円
    35~39歳710円8,240円
    40~44歳980円11,370円
    45~49歳1,310円15,200円
    50~54歳1,490円17,280円
    55~59歳1,770円20,530円
    60~64歳2,120円24,590円
    65~69歳2,510円29,120円
    70~74歳3,050円35,380円
    75~79歳3,630円42,110円
    80~84歳4,430円51,390円

お申込み可能な被保険者の年齢は、「契約日」において満20歳以上75歳未満の方です。
75歳以上の既契約者については「更新日」時点で84歳まで更新が可能となります。(保険料一覧のグレー背景部分)

▲保険会社のサイトに移動します▲

ご注意事項

・本ページでは、保険商品の概要をご案内しています。

・ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご覧ください。

・このページの記載内容は、2017年4月1日現在のものです。

テラ少額短期保険株式会社:TE-1603-01-00131W

このページの先頭へ