チューリッヒ生命

終身ガン治療保険プレミアム

放射線や抗がん剤治療等、ガン(悪性新生物・上皮内新生物)の治療を基本保障として、様々な治療スタイルに合わせて自由に設計できる一生涯のガン保険です。

ガン保険|終身ガン治療保険プレミアムの主な特長

あんしん1

放射線、抗がん剤治療等を受けられたとき、
回数無制限で保障!

入院しないガン治療(放射線、抗がん剤、ホルモン剤治療)もしっかり保障。
治療を受けられた月ごとに回数無制限でお受け取りいただけます(最高60万円/月)。

あんしん2

ガンの治療スタイルに合わせて組み合わせる
特約で保障を自由に設計!

入院、手術、先進医療、緩和ケア…など様々なガン治療に対応した幅広い保障をご用意。保障内容はもちろん、保障金額もお選びいただけますので、もしもの時も安心して治療に専念いただけます。

あんしん3

ガン治療と並行して取り入れられる
「緩和ケア」にも備えられます!

疼痛[とうつう]などの緩和を目的とした緩和ケア(緩和療養)を保障。
1ヶ月につき最高60万円(通算12ヶ月限度)をお受取りいただけます。

保険期間・保険料払込期間:終身/お申込可能年齢:満6歳~満80歳 口座振替/クレジットカード支払/月払
気になるあなたの保険料は
気になるあなたの保険料は
気になるあなたの保険料は

※掲載のプランはインターネット申込み専用のプランです。その他のプランをご希望の方は資料をご請求ください。
※インターネットからの資料請求およびお申込みの場合は、満20歳からのお申込みが可能です。

さらにご利用対象者の範囲を拡大しました チューリッヒ生命メンタルヘルスサービスが付いています!

精神的な悩みやこころの問題について、電話やメール、面談によるカウンセリングを無料で受けられるサービスです。
チューリッヒ生命の契約者ご本人様、被保険者様およびそのご家族のメンタル不全の発症予防や早期発見・早期治療をサポートしてまいります。

電話健康相談

身体や心の健康についての相談を、保健師や看護師等へ24時間365日電話で行えます。

メンタルカウンセリング

臨床心理士や産業カウンセラーによるカウンセリングを電話、メールまたは対面で受けられます。

「終身医療保険プレミアムDX」「終身医療保険プレミアムDX Lady」「定期保険プレミアム」「収入保障保険プレミアム」「」終身ガン治療保険プレミアム」「3大疾病保険プレミアム」のご契約者様、被保険者様とそのご家族がご利用いただけます。 各サービスは当社提携会社(ライフケアパートナーズ)により提供されます。それにより生じた損害・損失については当社で責任を負いかねます。

ガン保険|終身ガン治療保険プレミアムの保障内容

満6歳~満80歳の方まで幅広くご加入いただけます。保障される期間・保険料をお支払いいただく期間は終身です。ニーズに合わせて選べる特約をご用意しています。

主契約無解約払戻金型終身ガン治療保険(抗がん剤等保障)
付加できる特約悪性新生物保険料払込免除特約 ガン手術特約 ガン診断特約 ガン入院特約
ガン通院特約(Z01) ガン緩和療養特約 ガン先進医療特約(Z02)
ガン診断後ストレス性疾病特約 終身保険特約 リビング・ニーズ特約
契約年齢満6歳~満80歳
※インターネットからの資料請求およびお申込みの場合は、満20歳からのお申込みが可能です。
保険期間・保険料払込期間55歳払済・60歳払済・65歳払済・70歳払済・終身払(最低保険料払込期間10年)

<保障内容>

支払事由 保障金額

■ ガンで放射線治療を受けられたら

ガンの治療を直接の目的として所定の放射線治療を受けられたとき
放射性治療給付金
[治療を受けられた月ごとに]
[回数無制限]
10万円から60万円
(5万円単位)

■ ガンで抗がん剤・ホルモン剤治療を受けられたら

ガンの治療を直接の目的として入院または通院をされ、公的医療保険制度の給付
対象となる所定の抗がん剤またはホルモン剤の投与・処方を受けられたとき
抗がん剤・ホルモン剤治療給付金
[投与・処方を受けられた月ごとに]
[回数無制限]
10万円から60万円
(5万円単位)

特約をニーズに合わせて付加できます

支払事由 保障金額

■ 選べるオプション1-悪性新生物保険料払込免除特約

初めてガン(悪性新生物)と診断確定されたとき
悪性新生物保険料払込免除
・悪性新生物保険料払込免除では上皮内新生物は保障の対象外となります。
これ以外の給付金については、上皮内新生物も保障の対象となります。
以後の保険料の払込みは
必要ありません

■ 選べるオプション2-ガン先進医療特約(Z02)

ガンの治療を目的として、所定の先進医療による療養を受けられたとき
ガン先進医療給付金
[回数無制限]
・同一の被保険者において、当社の先進医療を保障する特約の複数加入はできません。
・ガン先進医療給付金のお支払額が保険期間を通じて2,000万円に達した場合、ガン先進医療特約(Z02)は消滅します。
所定の先進医療にかかわる
技術料と同額
(通算2,000万円限度)
ガン先進医療給付金の支払われる療養を受けられたとき
ガン先進医療支援給付金
※同一の先進医療による療養について1回限度
15万円

■ 選べるオプション3-ガン診断特約

<1回目>
初めてガンと診断確定されたとき
ガン診断給付金
[回数無制限]
50万円から100万円
(10万円単位)
<2回目以降>
前回のガン診断給付金のお支払い事由に該当した日からその日を含めて2年を経過した日の翌日以後に、ガンの治療を直接の目的として入院されたとき
ガン診断給付金
[回数無制限]
50万円から100万円
(10万円単位)

■ 選べるオプション4-ガン通院特約(Z01)

ガンの治療を直接の目的として入院をされ、その入院前後の一定期間にガンの治療を目的として通院されたとき
ガン通院給付金
・入院日の前日からその日を含めて遡及して60日以内の期間の通院
・退院日の翌日からその日を含めて365日以内の期間の通院
(退院後通院期間あたり120日まで)
5,000円から3万円
(1,000円単位)

■ 選べるオプション5-ガン入院特約

ガンの治療を直接の目的として入院されたとき
ガン入院給付金
[日数無制限]
5,000円から3万円
(1,000円単位)

■ 選べるオプション6-ガン手術特約

ガンの治療を直接の目的として所定の手術を受けられたとき
ガン手術給付金
[回数無制限:ただし、一連の手術*については1回のみお支払い]
・ガン手術給付金のお支払いの対象となる手術は、所定の手術であることを要します。詳しくは「ご契約のしおり・約款」をご確認ください。
*一連の手術とは・・・医科診療報酬点数表において、一連の治療過程で複数回実施されても手術料が1回のみ算定されることとなる手術
10万円から60万円
(5万円単位)

■ 選べるオプション7-ガン緩和療養特約

ガンを直接の原因として入院または通院をされ、公的医療保険制度の給付対象となる所定のガン性疼痛緩和の所定の治療を受けられたとき等
ガン緩和療養給付金
・所定の疼痛緩和薬にかかる薬剤料または処方せん料が算定される入院または通院
・緩和ケア病棟入院料、緩和ケア診療加算または有床診療所緩和ケア診療加算が算定される入院
・通算12ヶ月限度
10万円から60万円
(5万円単位)

■ 選べるオプション8-ガン診断後ストレス性疾病特約

ガンと診断確定された後5年以内に、所定のストレス性疾病※と診断されたとき
ガン診断後ストレス性疾病給付金
[1回のみ]
※所定のストレス性疾病とは統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害、気分[感情]障害、神経症性障害、ストレス関連障害および身体表現性障害/摂食障害/非器質性睡眠障害/胃潰瘍/十二指腸潰瘍/潰瘍性大腸炎/過敏性腸症候群/更年期障害をいいます。
5万円/10万円

指定代理請求特約について

所定の条件を満たす場合には「指定代理請求特約」を付加することができます。この特約の保険料の払込みは必要ありません。


指定代理請求特約とは

保険金・給付金などの受取人が被保険者様である場合、被保険者様ご本人からの請求ができない所定の事情(病名や余命を知らない場合や意思表示が困難な場合)があるときに、被保険者様(受取人)ご本人に代わってあらかじめ被保険者様の同意を得て指定した指定代理請求人が保険金・給付金などを請求できる制度です。

例えば、以下の様な保険金・給付金などを請求できない所定の事情がある場合、指定代理請求人による請求が可能です。

  • 病気や事故などで意識不明状態となり、保険金・給付金などを請求する意思表示ができない場合
  • 当社が認める傷病名(ガンなど)の告知や余命6ヶ月以内であることの告知をご家族のみが受け、被保険者様(受取人)ご本人には知らせていない場合

※1指定代理請求人を指定できる範囲は被保険者様の「戸籍上の配偶者」「直系血族」「兄弟姉妹」「被保険者様と同居し、または被保険者様と生計を一にしている被保険者様の3親等内の親族」となります。(詳しくは「契約概要」「ご契約のしおり・約款」をご覧ください。)

このページの情報は商品の概要を説明しています。詳しくはご契約に関する重要事項(契約概要・注意喚起情報)、ご契約のしおり・約款を参照ください。

このページの先頭へ