セコム損害保険

セコム損害保険自由診療保険メディコム

  • がん保険
就業不能保険
最先端の治療でも、将来生まれてくる治療でも、
医師が認めた治療を全て補償するガン保険。
先進医療や自由診療も補償。治療費の心配をせずに安心して医師と完治を目指すガン保険です。

※自由診療による場合は、がん治療連携拠点病院、大学附属病院、セコム損保の協定病院の医師に限ります。

「自由診療保険メディコム」の特長

「自由診療保険メディコム」は、入院でも通院でも、かかったガンの治療費を補償します。

かかったガンの入院治療費を無制限に補償。(日数制限なし

さらに、かかったガンの通院治療費も日数無制限で、5年毎に最大1,000万円まで補償。

  • 入院なしの通院もOK

セカンドオピニオン外来の費用も補償

※自由診療の場合は、セコム損保の協定病院等での受診に限ります。

公的保険診療だけでなく、全額自己負担となる自由診療も補償

  • もちろん先進医療も

自由診療での治療費の補償は、セコム損保の協定病院の他に、がん診療連携拠点病院大学附属病院等の医療機関での診療もOK。

公的保険診療の場合、通常3割の(※)の一部負担金相当額を補償

高額療養費制度による高額療養費や健保組合等の独自の付加給付の額を差し引かずに一部負担金相当額を保険金としてお支払いします。

※一部負担の割合は年齢や所得によって異なります。

セコム損保の協定病院に、自由診療入院した場合、セコム損保から協定病院に治療費をお支払い!

補償内容

がん治療費の実額を補償します

待機期間を除く保険期間中にかかったがん(悪性新生物や上皮内新生物)の診断や治療の際に、下表の保険金をお支払いします。
保険期間:5年(90歳まで自動更新)

※はみ出ている場合、横にスクロールできます。

  お支払いする保険金 お支払い回数などの補足説明

【ガン診断保険金】
がん(悪性新生物や上皮内新生物)と診断確定されたとき

一時金
100万円
ガン診断保険金が支払われることとなった最終の診断確定日から3年経過後であれば何度でもお支払いします。

【ガン外来保険金】
診断確定されたがん(悪性新生物や上皮内新生物)の治療目的で通院したとき

かかったガンの治療費を最大1,000万円まで補償※1
契約更新時(5年ごと)に、補償限度額が1,000万円に復元します。

通院日数無制限

1.入院しなくても補償します。

2.セカンドオピニオン外来の費用も補償します。

3.治療の種類による回数制限はありません。

【ガン入院保険金】
診断確定されたがん(悪性新生物や上皮内新生物)の治療目的で入院したとき

かかったガンの治療費を無制限に補償※1 入院日数無制限
治療の種類による回数制限はありません。

※1「ガン外来保険金」「ガン入院保険金」のお支払いする保険金は、下記のとおりとなります。

※はみ出ている場合、横にスクロールできます。

公的保険診療の場合

次のがん治療費等と同じ額

1.一部負担金(自己負担となる通常3割の治療費)

※一部負担の割合は年齢や所得によって異なります。

※高額療養費制度による高額療養費を差し引かない一部負担金相当額を保険金としてお支払いします。

2.先進医療等の費用(評価療養・差額ベッド代を除く選定療養の費用)

3.診断書等の文書料

自由診療の場合

1.治療にかかった費用

2.診断書等の文書料

お申し込み条件

1

ご加入される方(被保険者)の年齢が、満6歳から満74歳であること。

※保険期間の初日の年齢となります

2 今までがん(悪性新生物や上皮内新生物)にかかったことがないこと。
3 入院中でないこと。

※お申込みの際に、医師の診断書は不要です。ご健康状態を「契約申込書・告知書」にご記入ください。

※ご健康状態によってはご契約をお引受けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※保険期間の初日は、お申込みいただいた後、お申込内容の確認と引受審査が完了した日の翌月1日になります。

※契約更新時には上記の条件は適用されず、保険期間満了の2か月前までに更新しない旨のご連絡をいただかない限り、満90歳になるまで自動更新されます。

ご注意事項

・本ページでは、保険商品の概要をご案内しています。

・「自由診療保険メディコム」は、新ガン治療費用保険のペットネームです。

・「MEDCOM」及び「メディコム」は、「自由診療保険」に関するセコム損害保険株式会社の商標です。

・ご契約の際には「重要事項説明書」、「ご契約のしおり」等を必ずご覧ください。

・このページの記載内容は、2017年8月1日現在のものです。

セコム損害保険株式会社:SEK-1101-1707-0020

このページの先頭へ