アクサ生命保険

アクサ生命アクサの「一生保障」の医療保険 OKメディカル

  • 引受基準緩和型医療保険
アクサの「一生保障」の医療保険OKメディカル
持病があってもOK!
入院・手術を一生涯保障する終身医療保険です。特約の付加で死亡保障も準備できます。

「OKメディカル」の特長

特長1

持病のある方や、過去に入院・手術をされた方も4つの告知項目に該当しなければお申込みいただけます

「持病があるから…」という理由で医療保険をあきらめていませんか?
たとえば以下のような方も・・・
糖尿病
糖尿病のため通院でインスリン治療中の方
狭心症
狭心症のため入院。2年以上前に退院し、現在も投薬治療中の方
脳梗塞
脳梗塞のため入院。2年以上前に退院し、現在も通院治療中の方

4つの告知項目がすべていいえならOK
お申込みいただけます。
医師の診査は不要です。

告知項目
チェック1
過去2年以内に、病気やけがで、入院1をしたことまたは手術※2をうけたことがありますか?
はい いいえ
チェック2
過去5年以内に、ガン・悪性新生物(肉腫・白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫を含みます。)および上皮内新生物(上皮内ガン)で、入院※1をしたこと、または手術※2をうけたことがありますか?
はい いいえ
チェック3
現在、ガン・悪性新生物(肉腫・白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫を含みます。)および上皮内新生物(上皮内ガン)、慢性肝炎、肝硬変で、医師の診察・検査※3・治療・投薬をうけていますか?※4
はい いいえ
チェック4
最近3ヵ月以内に、医師の診察または検査により入院※1または手術※2をすすめられたことがありますか?
はい いいえ

※1 検査入院を含みます。ただし、検査の結果、治療の必要がなかった(病気やケガではなかった)場合、または、正常分娩による入院は除きます。

※2 先進医療による手術を含みます。

※3 検査待ち期間を含みます。

※4 前記疾病の疑いがあると医師に指摘されている場合も含みます。

特長2

病気やケガによる入院・手術を一生涯保障します。

特長3

ご契約前からの持病(既往症)の悪化・再発による入院・手術も保障します。

※責任開始期前に、医師によりすすめられていた入院・手術・先進医療による療養については、給付金などはお支払いいたしません。
先進医療

高額になりがちな「先進医療」の技術料を保障
病院が遠方であった場合の交通費・宿泊費などの負担を軽減するための一時金もお受取りいただけます。

※1回の療養につき1,000万円限度、通算2,000万円限度。給付対象となる医療行為や医療機関の範囲には制限があります。
img_ok_03

アクサメディカルアシスタンスサービス

病気の予防や早期発見から、病気になったときのサポート、治療後の回復や心のケアに至るまで、お客様を支えつづけます。

健康な方は、アクサ生命の他の医療保険をご検討ください。

  • この保険は、健康状態に不安のある方(糖尿病のため通院でインスリン治療中の方、狭心症のため投薬治療中の方など)でもお申込みいただきやすいように告知項目を簡易にし引受基準を緩和した商品です。このため、アクサ生命 の他の医療保険に比べて、保険料が割増しされています。
  • 現在健康状態が優れなかったり、過去に病気やケガによる入院などをしている方であっても、健康状態について詳細な告知や医師の診査を受けていただくことにより、保険料の割増しがなく、支払削減期間が設定されていないアクサ生命の他の医療保険にご契約いただける場合があります。また、契約条件に関する特約(特定疾病・特定部位の不担保など)を付加してアクサ生命の他の医療保険にご契約いただける場合があります。

「OKメディカル」の保障内容

保証内容
!

この保険には、1年間の支払削減期間が設けられていますのでご注意ください。
ご契約日から1年以内は給付金などのお支払額が50%に削減されます。
※限定告知型先進医療給付特約および限定告知型終身保険特約の災害死亡保険金には支払削減期間がありません。

支払削減期間 支払削減期間
死亡の保証

保険料の例

【主契約】限定告知型終身医療保険(無解約払戻金型)

【特 約】●死亡保険金不担保特約(限定告知型終身医療保険(無解約払戻金型)用)●限定告知型先進医療給付特約

入院給付金 日額5,000円コースの場合
保険期間・保険料払込期間:終身/保険料払込方法:口座振替扱月払

月払保険料
契約年齢 男性 女性
30歳 2,729円 2,779円
40歳 3,509円 3,199円
50歳 4,514円 4,219円
60歳 5,929円 5,774円
70歳 8,079円 8,259円

お支払い例

ケース1

持病の糖尿病が悪化。30日間入院し、手術(硝子体茎顕微鏡下離断術)を受けられた場合

主契約:入院給付金日額10,000円 の場合

ご契約日から1年以内(支払削減期間中)に手術を受け退院した場合

疾病入院給付金(10,000円×50%×30日)150,000円
手術給付金(10,000円×50%×10)50,000円
合計 200,000円

ご契約日から1年経過後の場合

疾病入院給付金(10,000円×30日)300,000円
手術給付金(10,000円×10)100,000円
合計 400,000円

ケース2

肺ガンで所定の医療機関において重粒子線治療を受けられた場合

限定告知型先進医療給付特約付加 重粒子線治療の技術料:3,080,000円の場合

img_ok_06

先進医療給付金 3,080,000円
先進医療一時金 150,000円
合計 3,230,000円

! 同一の先進医療を複数回にわたって受けられた場合は、 それらの一連の療養を1回の療養とみなします。
img_ok_07

※ 先進医療給付金は、1回目から5回目までを1回の療養とみなし、 1,000万円を限度としてお支払いします。

ご注意事項

・本ページでは、保険商品の概要をご案内しています。

・ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご覧ください。

・このページの記載内容は、2017年4月2日現在のものです。

アクサ生命保険株式会社:AXA-A1-1703-0504/849

このページの先頭へ