ぜんち共済

ぜんち共済ぜんちのこども傷害保険

  • 傷害保険
ぜんちのこども傷害保険
特別支援教育を必要とされる方のために生まれました
「ぜんちのこども傷害保険」は、大切なお子様をお守りする保険です。

「ぜんちのこども傷害保険」の特長

ご加入の手続きは、とてもカンタンです。

ご加入の手続きは、とてもカンタンです。

ご加入の手続きは、申込書に必要事項をご記入いただき当社に郵送していただくだけ。ご加入に際して煩わしい健康診断や、医師の診査は必要ありません。
特別支援教育を必要とされる方であればどなたでもご加入いただけけます。

一泊二日の入院を初日から保障します。

学校内外を問わず、不慮の事故によるケガで一泊二日以上入院された場合、初日から保障します。

個人賠償責任補償

個人賠償責任補償

※詳細はパンフレットをご覧ください。

さまざまなシーンで障がい者を守る 弁護士によるバックアップ

障がいのある方を「被害事故」から守る権利擁護費用保険は、ぜんち共済が日本で初めて開発した保険で、弁護士対応にかかる費用を補償します。(平成20年4月1日販売開始)
当社では、障がいのある方々の権利擁護に詳しい弁護士5名を顧問に迎えて、「虐待」や「消費者被害」などのトラブルに巻き込まれたときはしっかりとお守りいたします。

【ここがポイント】

多くの方は入院の保障と同時に「他人へのリスク」として個人賠償責任補償に目を向けがちですが、意外に多いのが「他人からのリスク」。 ぜんちのあんしん保険は虐待や消費者被害など、トラブルに巻き込まれたときの補償を備えました。 万が一の際には、知的障がいに理解のある弁護士が相談だけではなく、解決までしっかりサポートします。

ご加入いただける方

特別支援教育を必要とされる方であればどなたでもご加入いただけます。

※詳細はパンフレットをご覧ください。

給付例

権利擁護費用保険金

虐待被害を受け、その事件対応を弁護士に依頼

210,000円

傷害入院・通院保険金

キャンプ場で蛇に手指を咬まれた 8日間入院

40,000円

鬼ごっこをした際に鉄棒に歯を強打した 3日間通院

6,000円

自転車の練習中に転倒し腕を骨折した 18日間通院

36,000円

※詳細はパンフレットをご覧ください。

お申し込みから保障の開始までの流れ

「ぜんちのこども傷害保険」は毎月20日がお申し込みの締切日です。

毎月20日までに当社に申込書が届き、当社が当月末までに保険契約のお引受けを承諾した場合に翌月1日から保障(責任)が開始されます。

お申込みから保障開始までのスケジュール例

お申込みから保障開始までのスケジュール例 お申込みから保障開始までのスケジュール例

※保険契約申込書を送付いただいても、保険料の払い込みが無い場合、契約は無効となり、保険金のお支払いはできません。

ご注意事項

・本ページでは、保険商品の概要をご案内しています。

・ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご覧ください。

・このページの記載内容は、2017年6月1日現在のものです。

このページの先頭へ