ぜんち共済

ぜんち共済ぜんちのあんしん保険

  • 定期医療保険
ぜんちのあんしん保険
知的障がい・発達がいのある方のために生まれた総合保険
知的・発達障がいやダウン症、てんかんのある方でも保険にご加入いただけます。

「ぜんちのあんしん保険」の特長

ご加入の手続きは、とてもカンタンです。

ご加入の手続きは、とてもカンタンです。

ご加入の手続きは、申込書に必要事項をご記入いただき当社に郵送していただくだけ。
ご加入に際して煩わしい健康診断や、医師の診査は必要ありません。

一泊二日の入院を初日から保障します。

一泊二日の入院を初日から保障します。

病気・ケガにより一泊二日以上入院された場合、初日から保障します。

当社の保険金支払いの中で最も多いのが病気の入院。
この保険の最大の特長は、付添看護費用や差額ベッドの使用の有無にかかわらず、「入院」という事実をもって保険金をお支払いすることです。
また、一泊二日以上の入院を初日から保障するため、短期の入院でもしっかり保障されます。

個人賠償責任補償は、原則として支払回数に制限なし。

知的障がいのある方の賠償事故は、一回の金額の大きさにより、支払回数の制限の有無が重要なポイントになるのです。

知的障がいのある方の賠償事故はとても特徴的な点があります。
一回の事故の金額はそれほど多額にはならないのですが、同じ方が同じような事故を何度も起こしてしまうのです。
ぜんちのあんしん保険はこの点に着目し、個人賠償責任補償に原則として支払回数の制限を持たないようにしています。
(一事故および、年間の保険金支払額は1,000万円を上限とします。)

被害事故には、頼もしい権利擁護費用補償。

あまり考えられていない「他人からのリスク」。
「障がいがある」ということで虐待を受けたりトラブルに遭った場合に、相談だけではなく解決までしっかりサポートします。

多くの方は入院の保障と同時に「他人へのリスク」として個人賠償責任補償に目を向けがちですが、意外に多いのが「他人からのリスク」。
ぜんちのあんしん保険は虐待や消費者被害など、トラブルに巻き込まれたときの補償を備えました。
万が一の際には、知的障がいに理解のある弁護士が相談だけではなく、解決までしっかりサポートします。

保険料は年齢・性別にかかわらず一定です。

保険料は、年齢・性別にかかわらず一定。
しかも、手軽な保険料で充実した保障を受けることができます。

保障内容&保険料

ご加入いただけるプランは3つ。必要に応じてお選びください。

保険期間:一年間・一年毎の更新

保障内容&保険料

※重症心身障がいの方(重度の知的障がいと重度の肢体不自由の重複障がいの方)は、A-1プランでのご加入となります。あらかじめご了承ください。

※保険金のお支払いには当社所定の要件があります。詳しくは「重要事項説明書」「約款」をご覧ください。

ご注意いただくこと

下記の場合には、保険金のお支払い対象とはなりません。

・責任開始日以前に発病していた疾病、または責任開始日前に受傷したケガが原因で入院した場合。

・入院の原因となった疾病またはケガが、責任開始日以前に発病または受傷していたものと、医学的な因果関係にある場合。

・精神疾患(例:統合失調症、うつ病、適応障害など)により入院した場合。

・契約前から入院中である場合、または契約前に入院治療の予定が決まっている場合。

保険期間内(一年間)にお支払いできる、下記の保険金の合計額は80万円までとなります。

・入院保険金、てんかん入院保険金、手術保険金、入院一時金、通院保険金

保険期間内(一年間)にお支払いできる、すべての保険金の合計額は1,000万円までとなります。

・詳しくは「ご契約に際しての重要事項」「約款」をご覧ください。

保険料の例

病気による入院の場合

誤嚥(ごえん)による
喀血(かっけつ)で25日入院

26万円(入院一時金・入院保険金)

※C-1プランの場合

虫歯の抜歯のため、
全身麻酔の治療により2日間入院

3万円(入院一時金・入院保険金)

※C-1プランの場合

【ここがポイント】
虫歯の治療にも一泊二日の入院が必要など、知的障がいのある方の入院は特有のケースがあり、入院初日からの保障が大切です。
ぜんちのあんしん保険は初日から対応しますので、安心です。

ケガで通院した場合

駅に向かう途中で
つまづいて転倒。10日間通院

1万円(傷害通院保険金)

※A-1プランの場合

家の階段で段差を
踏み外し捻挫。8日間通院

8,000円(傷害通院保険金)

※A-1プランの場合

【ここがポイント】
事故は時に場所を選びません。
ちょっとした捻挫など、入院には至らないケガの場合でも通院治療の日数が多くなれば、経済的な負担も大きくなります。

他人のモノを壊した場合

利用施設の職員のメガネを破損

約2万円(個人賠償責任保険金)

通所の途上、駐車場の自動車に自転車で
ぶつかりフロントガラスを破損

約20万円(個人賠償責任保険金)

【ここがポイント】
小さな損害が頻発することが賠償事故の特徴。
保険期間中の支払い回数による制限などがあると、損害額が100%てん補されないことも。
ぜんちのあんしん保険は、保険期間中の支払い回数制限は設けていません。

※保険期間中の保険金支払限度額は、全保険金額合計で1,000万円以内となります。

地域で被害に遭った場合

地域で性的被害に遭われた方の
事件対応を弁護士に依頼

約56万円(権利擁護費用保険金)

高額な羽毛布団を買わされ、
その返金請求に弁護士を依頼

約21万円(権利擁護費用保険金)

【ここがポイント】
これからますます心配になる、虐待をはじめとした被害事故。
「ぜんちのあんしん保険」では弁護士のネットワークを通じて専門家をご紹介し、被害事故の「相談」から「解決」に係る弁護士費用をお支払いいたします。

お申し込みから保障の開始までの流れ

「ぜんちのあんしん保険」は毎月20日がお申し込みの締切日。毎月いつでもご加入いただけます。

毎月20日までに当社に申込書が届き、当社が当月末までに保険契約のお引受けを承諾した場合に翌月1日から保障(責任)が開始されます。
ただし、新規ご加入の場合には、責任開始日から30日の間に開始された「てんかんによる入院」は免責となり、保険金のお支払いはできません。

お申込みから保障開始までのスケジュール例

お申込みから保障開始までのスケジュール例 お申込みから保障開始までのスケジュール例

※保険契約申込書を送付いただいても、保険料の払い込みが無い場合、契約は無効となり、保険金のお支払いはできません。

ご注意事項

・本ページでは、保険商品の概要をご案内しています。

・ご契約の際には「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、「ご契約のしおり・約款」等を必ずご覧ください。

・このページの記載内容は、2017年6月1日現在のものです。

このページの先頭へ